2010年03月14日

忙しき時にもゲーム有り

何だかんだでもう3月も半ばだ。

何だかんだで勇者のくせになまいきだ:3Dを買ったが、開封すらしていない。
それは何故かと言えば、何だかんだで100万トンのバラバラを買ったからだ。
何だかんだでストーリー26まで進んでいる。
更に何だかんだでPSP-3000をやっと買った。軽過ぎて涙が出る。
そして何だかんd(ry

で、FFXIIIは2周目である。
何だかんだで第7章。
強制シヴァ召喚バトルでゲームオーバーになるとは、流石の自分も予想していなかった。
○ボタン連打しているだけで勝てる筈なのに……!!
1周目は普通に終わった筈なのに……!!
連打のスピードが余りにも遅いと、ゲームオーバー余裕でした……。
開発者の予想の斜め上を行くヘタレゲーマー。

2周目だと、イベントの内容が理解しやすいなあ。
クリア後に第1〜2章を再プレイするのはオススメかも知れない。
特にサッズの心情が良くわかるなあ。
初回プレイだと、何故にいきなりルシ(セラ)を殺せと??というのがわからなかったが、「ドッジの使命を果たせるかもしれないと、パルスのファルシとルシを倒そうとしている」のを知っていると、言動が非常にすんなり共感出来る。
ルシを始末しないと、とは思いつつも、実際にセラを目の前にして戸惑っている感じとか。
ファルシ=アニマに向かっていくところとか。
ライト姐さんもこの頃は格好良かった……。
「そいつは迷ったのかもな」
「ついてきたのは失敗だったな」
「ハッキリ言え!ルシもルシになりそうなヤツも1人残らず殺せってな!」
あー、格好良かったなー。
食料培養プラントでの心変わりが、何度見ても唐突な気がして共感出来ない。
あのイベント単体がというか、そこに至るまでの伏線がなさ過ぎるせいなのか……?
ホープのペット発言は結構好きだ。
ファルシの力が余りにも当然過ぎて疑問にも思わない、コクーン市民の心情がわかるので。

エネミーレポートの全項目にチェックを入れようと頑張っとります。
取り敢えず最初のビーコンは完璧。
ワイバーンも意外と楽に倒せた。
まあ、今後の方が大変だけれども……。


ラベル:ゲーム PS3 FF13
posted by cai at 21:02| FF13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

パルスの上にクリスタルは降りつむ

ラスボスの2戦目で詰まっているヘタレです今晩は。

で・す・が、クリアしました!!しましたよ!!
総プレイ時間は60時間。
きっと最後の10時間は、ラスボス対策のみに費やしている。
あああーーー、本っっっ当にクリアは無理かと思ったわ……。
あれって、今までのFF(というかRPG?)で危なげなくクリアしてきた人ほど詰まる予感。

以下、もうラスボスもエンディングもどんどんネタバレするよ。




攻略の概要を述べると、ブレイク命!回復は程々で!って事ですな。
2〜3戦目はリーダーが死の宣告を受けるので、ちんたらやっていると全く間に合わない。
ブレイクしないと敵のHPをほぼ減らせないのよ。
今までRPGを危なげなくクリアしてきた人々とは、回復を怠らず、こまめに先手先手を打って回復してきた人々が多いと思うのだが(自分含む)、そういうタイプは躓くと思われる。
今回のラスボスは基本的に画面が赤くなるまで攻撃の手を休めない方が効率が良く、また、ある程度回復したら(緑〜ギリギリ黄色くらい)さっさと全員攻撃に移った方が良い。
特にトライディザスター(BBB)や精霊のオラトリオ(BBH)は、ブレイクするまでに非常に有用。
ブレイクしたら、フューリアス(AAB)や揺るぎなき覇者(AAH)を使った。

最も苦戦したのが2戦目(というか1&3戦目は一度で倒せた)。
まあ、大抵の人がそうだろう。
という訳で、2戦目の話。

2戦目は主に前半と後半に分かれる。
前半は「陽の極」と「陰の極」を交互に繰り返す。
チェンジする時には「心無い裁き」で瀕死にしてくる。
「心無い裁き」は演出が非常に長いので、大体チェインを溜めてもゼロに戻る。
陽も陰も一定時間が過ぎると「心無い裁き」→モードチェンジとなるらしいが、ブレイクするとブレイクが終わってから「心無い裁き」が来るので、展開が読み易い。特に陰の時は重要。
陽の時は、リジェネ・一定間隔で全体攻撃・即死攻撃の「殺戮のエディプス」。
何度もリスタートして「今度こそ絶好調だぜ!」という時に、リーダーが「殺戮のエディプス」食らって終わると本当に泣ける。
この為にわざわざ天使の冠を改造して、聖霊の冠Lv.★を作ったさ……。
陰の時は、単体攻撃・単体ステータス異常・全体にステータス異常を敷衍+毒(蛇の毒霧)。
通常のダメージは大した事は無い。
問題はステータス異常で、特に虚脱(ダル)と忘却(フォーグ)が痛かった。
白い敵が単体にステータス異常を施した後に蛇が毒霧を吐くと、あら不思議、全員同じ異常と毒状態に!
毒状態がキツいのは、かかったままで「心無い裁き」を受けるとほぼ全滅すること。
これは「心無い裁き」で瀕死ダメージを受けてから少しの間、長ーい演出が終わらずに続くせいだと思われる。
演出の間も毒でHPは削られていく訳で、瀕死状態のHPなど全然保たない。
始めてデスペガ使ったよ。
(流)星のペンダントは蛇の攻撃には効かないっぽい……?
後半は「陰陽の双極」を使い、やはり時々「心無い裁き」を繰り出し、更に時々全体大ダメージ+弱守(デプロテ)+弱心(デシェル)の「ディエス・イレ」を使ってくる。
ブレイクすると、やはり終わってから「心無い裁き」を使ってくるので動きが読み易い。
というか、ブレイクしないと相手の回復をダメージが上回らない……。

我がパーティは相変わらず、ライト姐さん・ホープ・ファング。
姐さんとファングは、少々クリスタリウムで寄り道させていたので、ラスボスで詰まっていた時は一度CP稼ぎの旅に出た。
メイン3ロールが大体カンストしていれば、きっと普通に倒せる筈……と信じて。
姐さんはともかく、ファングにブラスターを憶えさせるとトライディザスターが使えるので、便利な事この上ない。
一通りアビリティも揃ってるし。
リーダーは、何かもう意地で姐さんですよ。
主 人 公 で す か ら !
ホープでケアルダとエスナ使い分けとか、鉄壁ファングで戦闘不能を避けるとかも考えたけれども。
姐さんは突出したパラメータが無く、何においても誰かに負けているようだが、却ってそのコウモリっぷりが、きめ細かに行動可能なリーダーに向いているんじゃないかなって、思い始めたんだ。

使用したオプティマは以下の通り(姐さん・ホープ・ファングの順)。
  揺るぎなき覇者(AHA)
  精霊のオラトリオ(BHB)
  トライディザスター(BBB)
  フューリアス(ABA)
  フェニックス(HHD)
  青雲の志士(HHA)
フェニックスは要らなかったかもなあ……「ディエス・イレ」用に一応入れておいたのだが。
EとJは、陰の時にデスペガを使うつもりだったので、まあ外した。
後半だったら使っても良かったかも知れない。

攻撃開始は、青雲の志士でチェーンスターター(「心無い裁き」の後はHP回復も兼ねる)。
すぐに精霊のオラトリオかトライディザスターにチェンジし、チェーンを溜めるのに必死。
自分の経験からすると、常時2人ブラスターがいると安定して、ブレイク→終了後に「心無い裁き」の流れを作り出せるかなあ。
なるべく回復(精霊のオラトリオ)は最低限にして、トライディザスターに持っていくと良いかなと。
画面が赤になったら2ターン程度、精霊のオラトリオを使うくらいで。
陰のステータス異常は、もうデスペガとアイテムに頼った。
キツいのは、虚脱と忘却と「心無い裁き」直前の毒くらいだし。
ブレイクしたらフューリアス。
死にそうになったら揺るぎなき覇者。
回復しても、どうせ「心無い裁き」で瀕死にされるのだけれども……。
蛇の毒霧とかディエス・イレとかは、上手くブレイクを当てるとキャンセルになるようだ。

まさか3戦目が来るとは思っていなかったのだが、2戦目がクリア出来れば大した事はない。
やはり、ブレイク命!回復は程々に!
以上。


大いなる愚痴りを!!
ラベル:ゲーム PS3 FF13
posted by cai at 02:13| FF13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

制作者の狙い通りかと

ラスボスで詰まった。

うががががが何だアレ、毒か!毒のせいなのか!
まさかFFで毒に悩まされるなんて初体験なんだぜオイ。
世界樹の迷宮じゃあ、記念すべき初全滅が毒な訳ですが。
うむう、取り敢えず星のペンダントを改造してリーダーに着けて……。
他にも幾つか障害があるよなあ、完全に安定させるのは難しいか……。
ボスの行動パターンを完全に把握してコントロール出来れば良さそうなのだが。
んでも、何回も続けてリスタートするのは疲れるんだあ。
XIIIって、戦闘の体感時間が長いんだよう。

ラスボスの一つ手前の部屋が……ああ、あそこだったんだなぁ。
ギラギラしたラスダンを抜けて到着すると、何だか奇妙な気分に襲われる。
非現実的な気分。
まるで夢を見ているような、それとも今までの全てが夢だったような。
あそこの部屋を見ると、病院の廊下が思い浮かぶ。
どうしてだろうね。
あの静寂の中で待ち受けるのは、新しい命の誕生か消えゆく命の最期か。

ラスボスを倒したら、アルティマニアを買って来て2周目を始めるぜい。
頑張れ自分!
ラベル:ゲーム PS3 FF13
posted by cai at 22:51| FF13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

味な真似を!

今作で一番ツボった台詞だ。
いや、言い回しが妙に固いと言うか古めかしいと言うか。
いや、そもそもまだ最後までやっとらんので、一番かどうかはまだわからない!

6人全員を好きなようにパーティに入れられるようになったぞ。
だが、姐さん・ファング・ホープでずっと通している。
強制パーティで操作してから、そのバランスの良さに釘付け。
攻撃良し、防御良し、回復良し、エンハンサーとジャマーもOK。
全てのメンバーの全てのロールが解放されたが、あれ、全員が均等に同じアビリティを憶えられる訳ではないんだな。
最初から解放されている3種類が主ロールで、あとはサブで使う程度のようだ。
必要なCPも半端じゃないし。
主ロールのアビリティも個人差があるっぽい?
微妙に得意分野が異なるようだ。
今度はスノウ・サッズ・ヴァニラでパーティ組んでみるかなー。
ヒーラーがヴァニラ1人なのが少し心配だが。
あ、別にサッズの「たたかう」の速度は遅くはありませんでした。
4コマンド目は皆、少々間が空くものらしい。

つか、レインズさん出番少なくね?
結構おいしいポジションだと思うのだが、掘り下げる間もなく退場してしまったような。
うーむ、今作は街の人々に話を聞いて回る行為に比重が置かれていない為か、世界のイメージを作り上げるのに、どうも「生の情報」が少ない気がする。
まあ、確かに、ゲーム雑誌の前情報とか最速攻略本とか設定資料とかオートクリップを読めば、ファルシだのコクーンだの聖府だのPSICOMだの騎兵隊だの、必要な世界観は全部書いてあるとは思うのだけれども、やはり、ゲームの世界内で実際に生活している一般の人の「生の感覚」の断片をいっぱい聞き取って、そこから想像を作り上げていくのが好きなんだよなあ。
街角の一般人の何気ない台詞が本質を鋭く突いていて、面白かったりもするし。
XIIは特にそうだし、DCのWRO隊員の話も良い。
VIIのスラムの駅員の台詞も良かった憶えがある。内容は忘れちゃったのだが。
ん〜、XIIIは自分が話を聞きこぼしているだけなのかな〜。
ほぼずっとダンジョンを進んでいるようなものだし、ついつい先を急いじゃうからかな〜。
ファルシと人間の関係とか、聖府の役割とか、聖府内の各部隊の力関係とか、一口には説明出来ない複雑な部分を、もう少し実感を伴う形で体験したかったなあ、なんて思ってみたり。
これは何だ、理解力の問題か? 想像力の問題なのか?
とりあえず、レインズさんとこの部隊は、レインズさんはともかく、皆何を思って反体制的行動に出ていたんですかね?

モーグリのショップで、グッドチョイスを買ってやった……!
買ってやったよグッドチョイスを……!
アイテムドロップ率が上がるアクセサリだが、その価格10万ギル。
……金欠状態が中盤も越えた今に至るも解消されないこのゲームで、いかに工面したかと申しますと。
9章で拾い集めたクレジットチップとプレミアムチップを完全売却。
うあー、もっとバトルして稼いでおけば良かった。
ちまちまトレジャーで貯めたフェニックスの尾を大人売り。
半端なコレクター精神に反しない程度に、使わないアクセサリをちょこっと下取り。
…………あと7千ギル足りない…………。
悩んだ末に、ライト姐さんの武器を一つ売り払うことに。
グッドチョイスを装備して、ガンガンアイテムを拾って売って、いつかまた買い戻すからな!
その日まで暫しさらばだアクセルギア!
って、グッドチョイスを装備させた矢先に、そのキャラ1人抜けるって何なの!!!!
持ち逃げかクルァ!!!!
すぐ戻って来たけどさー。

うっわーー、グラン=パルス広っ!!!
良いねえ良いねえ、これぞ冒険!てな感じだねえ。
キングベヒモに果敢にアタックしましたが無理でした。軽率でした。以後気を付けます。
まずはカラメル相手にちまちまCP稼ぎ。
ラベル:FF13 PS3 ゲーム
posted by cai at 23:46| FF13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

本年もどうぞよろしく

年末年始は、毎年ゲーム三昧が恒例になってきた。
やっとこさ、久々に、PS3の電源をON。
ひたすらバトルバトルバトル。
頭痛がしてくるまでひたすらバトルバトル。
フヘヘヘへ……この駄目人間的生活が幸せ……。

今、やっと9章。
何でも、11章からバトルが断然面白くなるらしい。
序盤が長過ぎやで……!
クリスタリウムはなるべくこまめに成長させ、たまに武器の改造もしてみたり、で、あまり苦戦はしない。
ただ、ザコ敵相手でも戦闘不能が出るとフェニックスの尾が勿体なくて、ついリスタート。
便利だなーこれ。
まあ、レイズもとうとう使えるようになったが。

デモムービーの音楽が好きで、今でも電源を入れるとつい聴き入ってしまう。
もし自分が題をつけるとしたら「迫り来る運命の足音」。
最初のシャンシャンした音が足音みたいだな、と。
サントラは27日発売だったか。
初回限定版を予約してみた。

セーブデータロード画面のあらすじが、地味に助かる。
間が空くとどこまでやったか、結構忘れるものだ……。
サッズとヴァニラの話がやっと出てきて、全員の話が繋がった。
二人の旅はいつも明るい音楽で明るいノリだっただけに、落差にドンとくる。
召喚獣戦も3回目ともなると、かなり慣れたぞ。
オーディンがキツかったぞ。何回もゲームオーバーになったぞ。
まあ、各キャラともロールは3種ずつしか持たない訳だから、ゲージを増やす行動の推測は難しくない筈だけれども。
オプティマの編成も始めてみた。
「こういう状況ならこういう編成にしよう」と、あれこれ計画して考えるのは楽しい。
まあ、あれこれ考えるのは主にボス戦で、ザコ戦は力で押し切った方がスコアも高かったりするが。
後、キャラによって攻撃の速度が違ったりするのかなあ。
ライト姐さんやファングは、得物のせいか、アタッカーの「たたかう」の行動速度が速いようなそうでないような……。
サッズの銃を撃つ速度は少し遅いような気がするのだけど、どうなんですかね。気のせいですかね。
ラベル:ゲーム PS3 FF13
posted by cai at 00:40| FF13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

LP?何それおいしいの

うおー、楽しいですなあ。
あっという間にプレイ時間は10時間ほど。
進み方は遅かろう。
一度、五人集まったがまた別々になった。
それぞれの物語が、絡み合いながら並行に進んでいる感じ。
一人だけ、全然別のところに医術の心得を装備したまま行っちまって、ちょっと後悔……良いけどさ。
最初の頃は戦闘終了する度にHP完全回復するのを見て「これなんてロマサガ!?」と叫んでいたが、今では当たり前に感じられてきた。
一戦ごとに全力を尽くせと!
そういうことか!

ライト姐さんが抜けると、姐さんのありがたみが身に染みてよくわかる。
いや、姐さんと言うかアタッカーのことだが。
ブラスターばかりだとなかなかブレイク出来ないや。
上手く攻撃を繋げられれば良いのか?
オプティマを変更した直後のターンは、ATBゲージがすぐに貯まる気がするのだが……。
 コマンドをセットし終わったら、
 すぐにL1を押してカーソルを次のオプティマに合わせる
   ↓
 コマンドが全て発動した直後にオプティマ変更
   ↓
 またコマンドをセットし、即、次のオプティマに移れるよう準備
   ↓
 またコマンドが全て発動した直後にオプティマ変更
   ↓
 以下同文
てな感じで延々続けるとやりやすい感じがするのだが、いかがでしょう。
特にアタッカー&ブラスターとブラスター×2(オプティマ名忘れた)を交互に変えていくとチェインもすぐ貯まるような?

にしても、ガンガン全滅するようになった。
しかもボスでなくてザコに。
ボスだと慎重になって回復を怠らないのだが、ザコだとついつい「やられる前に倒せる!」と突撃して倒し切る前にやられる、とか。
んーー、だがそれが楽しい。
やっとオプティマも理解してきたところだし、△ボタンは使えるようになってきたし。
「コマンド」を駆使するには、まだまだ修行が足りん……。
一度やってみたらすぐに全滅したので諦めました。
もっと色々出来るようになってから再挑戦。

一本道フィールドと怒濤のイベント攻撃が、まあ賛否両論のようだ。
確かに「FFXっぽい」って思ったー。
皆、同じことを思っているのだな。
XとXIIで対極から対極に走った感じがあったが、ここでまた逆に突っ切ったような。
だが、シンボルエンカウントのせいか、Xほどイベントにぶった切られるようには感じない。
イベント・フィールド・バトルの移行がスムーズで、ストレスも無い。
ローディングでも演出面でも。
思うに、XやXIIIは「キャラクターが主人公」のゲーム。
XIIは「世界が主人公」のゲーム。
XIもXIIと一緒かな? やったことはないが。
XIIのアルティマニアにも書いてありましたな。
自分はどちらも好きですな。

は!?
あれがシド!?
う、嘘付きは泥棒の始まりだよ!?
ラベル:ゲーム FF13 PS3
posted by cai at 22:05| FF13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

時は来たれり

紳士淑女の皆々様、遊んでますかーーーーー!!!!

遂にFFXIIIが!
発売されましたな!
…………。
って、発売日に書きたかったのに……。

親ニモ負ケズ
世間ニモ負ケズ
己ノ劣等感ニモ負ケズ
暗クナル頃二布団ヨリ這イ出テハ
PS3ノ電源ヲ入レ
頭痛ガシテクレバ
マタ布団二入リ
腹ガ減レバ
えりくさーヲ飲ム
ソウイウNEETニ私ハナリタイ

何故に師走はかくも忙しきものか……。

そんな日々ではありますが、手元に届きましたPS3。
白地にピンクのライト姐さん。
はー、やはり実物を見るとそんなに悪くない。
発表された時は「えー」と思ったが、これはこれでアリだな。
まあ、こういう絵よりも、もっとグラフィカルと言うか、幾何学模様などがPS3には似合うように思うが。


FFXIIIは、プレイ時間2時間前後。
オプティマとクリスタリウムのチュートリアルが終わって、メインキャラの内5人集結、な辺り。
バトル操作の説明は一通り出揃ったかな?
む、召喚はまだだな。

まずは、画像が考えられないほど綺麗ですな……口をあんぐり開けっ放し。
この為に新型テレビを買った甲斐があるというものよ。
HDMIケーブルも用意したし。
ヒナチョコボがふわふわで可愛い……!

バトルシステムも面白い。
今のところはまだ「こうげき」連打で、全く頭を使ってないんだけれども、早く「コマンド」&「リピート」&△ボタンを使いこなしたい。
このシステム、割りと操作は簡単なのだが燃えるなーきっと。
光の4戦士と同じく。
コマンド型RPGのバトルシステムって、突き詰めれば戦略シミュレーションに近付く気がするな。
ここで一気に強力な攻撃を叩き込むか、少し叩いて様子を見つつゲージを節約するか、回復をいつ挟むか、要するに最少のコスト(ゲージと時間)で最大の効果(ダメージ)を引き出すには如何にすれば良いか?を考えるのは、非常に楽しい。
ええ、吝嗇家でございますので。
シミュレーションほどダメージにシビアではないけれど、一瞬にして状況を飲み込んで判断を下さないと置いていかれるので、臨場感たっぷりです。
にしても、ターゲット選択がまだ苦手。
やり始めたばかりの時は、ターゲット選択が出ているのがわからなくて、「こうげき」を選んだだけでぼーっと待っていたり。
ライト姐さんボコられてる!!
次は、ターゲット選択するのに左下のコマンド欄で選んでいると、どれがどの敵のことか瞬時に判断出来ない。
選んでいる間にまたライト姐さんボコられてる!!
あー、一応ターゲットは黄色く光るのか……見辛いけど。
早く目が慣れて、十字キーの左右でターゲット選択出来るようになりたいものです。
今でもターゲット選択に気付かないままぼーっと待っていたりするが……。

スコアはそこそこ稼ぎやすい。
今のところ、ずっと五つ星。
まだ序盤中の序盤だしな。
レベルも経験値も無いとは、実は初めて知った。
良いなそれ!!
バトルが楽しくて戦いまくっていると、いつの間にかレベルが上がり過ぎていてボス戦が詰まらん、なんて良くある悲しいお話。
これで心置きなくバトルで遊べる!
けれども、シンボルエンカウントだからなあ……まだそこまでバトル回数を稼げない気がする。
ラベル:FF13 PS3 ゲーム
posted by cai at 12:25| FF13 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。