2009年06月16日

時計の針にご注意

通常バトルのBGMの出だしが、
「元気元ッ気ッ、そぅおっ元ッ気ッ♪」
って歌詞で、いつも脳内幻聴再生されます。
そんなポジティブな人格になったことは、人生で一度も無い筈なのに!

雪の女王編は時限ダンジョンもあって、難易度もセベク編より高めだとか。
確かにある意味高めだ……。
何がって精神的難易度が。
ダンジョンが基本的に短いせいで、自発的にレベル上げしないと進めなくて、またまた心が折れそうです。
ヒュプノスの塔の2〜3階でちまちまレベル上げするのにも疲弊し、何だか忍耐の限界とばかりにボスへ突撃。
ぎゃー眠らされるー!
そりゃヒュプノスだもの。
必死で体勢を整えながら反撃を試みるが、一人減り二人減り三人減り、ゆきの姐さんとブラウンだけになってしもうた……。
もういい。レベル均等縛りとか知るか。
自暴自棄な気分で、回復を捨てて二人だけで攻撃を繰り返していると、2〜3ターンであっけなく撃破。
あっそーですかー……。

まあやれば出来るのか。
んじゃ、このままネメシスの塔へ突撃。
うお、何かめっちゃキャラの立ったボスだなあ。
またトリッシュの所まで行ってレベル上げしようと思ったら、たどり着く前にザコに粉砕。
あー聴こえる聴こえる、心のベキベキ折れる音が聴こえてくる。
観念して、悪魔の山で20前後までレベル上げ。
ついでに2体目のペルソナを作成。
くら:サティー、アヤセ:フウタイ、エリー:ジャックランタン、ゆきのさん:ファレグ、ブラウン:リリム。
考えているようで何も考えていないペルソナ計画。
攻略本のオススメを参考にしてみた。
少々バトルをしてみて、くらとアヤセの前衛ツートップ、中間にエリーとブラウン、最後衛が姐さん。
ファレグの万能さは経験済みだが、フウタイが地味に良い。
ステータス異常をほぼ反射するし、毒ひっかきが意外と強い。
リリムは防御耐性が良いのだが、スキルがそんなに使えなくて、ランク上げるのが大変……。

で、ネメシスの塔に再挑戦。
無難に4階までたどり着く。
が、レベル上げに飽きる……。
何この攻略本の推奨レベル。28とか!
でもなー、どうせ最上階でボスと戦うには、時計を60分経過させにゃならん訳で。
ぼーっと待っているよりは、レベル上げでもしていた方が、さ。
…………ん?
バトル時間は経過時間に加算されないんだっけ……?
てことは、レベル上げをしているとリアル時間が余計にかかる……?
決めた。PSP放置。
ダンジョンで立ち止まったまま放置。
スリープしないように、画面が映らなくなったらすかさずボタンプッシュ。
時計の針が12時を回ったところで攻略再開。
結論から言うと、ボスはそんなに強くなかった。
ちょ、ゆきの姐さん詐欺的につえぇwwwです。止揚の紅。
攻略本を買うってのも良し悪しなんだよなあ。
つい読んでしまうが為に、ボス対策が完璧になってしまい、スリルが無くなってしまう……。
まあ読まなきゃいい話なんだが、活字があるとつい読んでしまう性。

で、次回はタナトスの塔ですな〜。


posted by cai at 23:53| ペルソナPSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

運命はいつも唐突

な。

なんじゃこりゃァァァアアアアア!!
何だこの唐突なエンディングは!
つーか後味悪っ!!
え、これってマルチ? マルチエンディングなの?
じゃなきゃやってらんないよ?サトミタダシで洗脳するよ?

セベク編でデヴァ・ユガを攻略したところで、エンディングになってしまった。
まだ全員、レベル40にもなっていないのに!
スタートメニューに戻ると、即書店へ全力疾走して公式パーフェクトガイドを引っ掴む。
ふむふむ……。
ああ、やっぱりバッドエンディングとグッドエンディングがあるのかー。
ほっとしたよー。
あの終わり方じゃ夢見が悪いからなー。
セベク編の分岐は、迷いの森で、まいとの会話の選択肢で変化、と。
ああ、あそこは適当にやったからなー。
…………。
…………。
セーブデータ残ってません。

何がしかの複雑な感情に突き動かされて、またNEW GAME始めました。
だが、セベク編・グッドエンディングは後回しにして、雪の女王編をやることにした。
また同じ事をすぐに繰り返すのはダルいです、フィレモンさん。
共通部分も既に辛くなってきてます、フィレモンさん。
セベク編で色々とすっ飛ばして進めたので、今回はきっちり回りつつ病院へ。
無駄に城戸フラグが立っていく。
あ、これ、途中のデータを残しておいて、次はそこからセベク編を始めれば良いか。
レイジも使ってみたいもんな。
雪の女王編では、と。
まずエリーは使っていないので決定。
なんじょうくんかブラウンかというと……セベク編では絶対になんじょうくんが入ってくるから、ブラウンにしておくかな。
相性の良いペルソナに、速ステータス補正がかかるの多くて助かるし。


セベク編での各キャラのペルソナ変遷史は、以下の通り。

くら:セイメンコンゴウ
   アガートラーム
   ファレグ
   マルドゥーク

マキ:マソ
   ジャックフロスト
   ヤヌス
   ハトホル

なん:アイゼンミョウオウ
   モコシ
   ヴィゾフニル
   イルルヤンカシュ

マー:オグン
   ケツアルカトル
   アンヴァル
   ホクトセイクン

ブラ:ネヴァン
   トリグラフ
   マッハ

まあ、大して考えている訳ではないのだが。
ファレグはメディラマが使えて重宝する。
普段も、タルンダで経験値を稼ぐも良し、止揚の紅で攻撃するも良し。
中〜後列にしておけば、精霊・物理魔法無効なので大抵ノーダメージ。
ヤヌスやヴィゾフニルも、戦力として頼もしい。
特にヴィゾフニルは、速も高いのでずっと俺のターン。経験値貰い過ぎ。
複数攻撃や全体攻撃は持ってて安心。
マソはディア専用に降魔しっぱなし。マップでの回復に使う。
ケツアルカトルやアンヴァルのトラエストも、あると便利だ。
マキのハトホルはメディラマ用にと作ったが、経験値が貰いにくいスキルばかり……。
メディラマを覚えたら、ずっとメディラマ。
メディラマのみ。
はああ〜、やっと、ペルソナ合体が面白くなって来たところだったのになー。
posted by cai at 01:28| ペルソナPSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

気分は五月病

フィレモンが登場する度に「あ、若いツォンさんが社長の服を着てる」とか思っちゃう自分がダメだ……。

ええっと。
ただ今の進行状況は、ブラックマーケットをクリアして、城に行って、今度は迷いの森に向かえと言われたところであります。
やっとレベルも20代半ば。
ううむ、このゲームってレベル上げすべきか?
……あまりに低いと詰む予感はする。
なので、ぼちぼち徘徊したりもするのだが……。

普通に戦うよりも交渉が面白過ぎる
  ↓
戦わずに終わる
  ↓
経験値があまり入らない
  ↓
レベルが上がらない

アレ?

交渉では、なんじょうくんとマークがすんごく使える。
「皮肉を言う」「物でつる」「見つめる」辺りが。
次点でマキ。
よって経験値をもらう機会も多く、必然的にレベルが高くなる。
一番経験値がもらえないのは……主人公・くら。
五人目のメンバーはブラウン。
選んだ理由は特にない。
フォーメーションは、前衛になんじょうくんとマークのツートップ、くらとブラウンが中間、最後衛にマキ。
くらは主人公なので、バリバリの肉体派前衛にしようかとも考えたが、今回は珍しく、技・速などにポイントを振り分けることに。
通常の戦闘でもなかなか経験値をもらえないくらに、ファレグを降魔させてメディラマで回復役にまわしたら、めっちゃ経験値もらえるんですけど何コレ!?
しかもハーレム・クイーン戦前の選択肢のせいで、マキとくらだけで戦うことになってしまって、二人だけレベルが上昇……。
ま、まあ倒せただけでも……。

ペルソナ作りも楽しいが、まだガイド合体にお世話になっています。
つーかガイド合体で何が出来るか見てから、セルフ合体で細かく選べば良いのか?
しかしまだレベルが低い為、なかなか降魔出来るペルソナを作れない。
マキのジャックフロストを、そろそろ別のに変えたいのだがなあ。
posted by cai at 23:46| ペルソナPSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

くらをよろしくゥゥ

「ペルソナァァア!」
「ゆけ……」
「ペルペルペルペルペルペルペルペル……」

な、懐かしい!

ペルソナPSP、始めました。


PS版の「女神異聞録ペルソナ」が発売された当時は、確か中学生くらいだった。
友人に勧められて、面白そうだったので購入してプレイしたのだが、実は未クリアのままで止まっている。
断じてつまらなかった訳ではない。
ほらほら、皆さんも経験がおありではないですか?
決してつまらなくはない、むしろ面白いゲームなのに、何故かエンディングまで行かないまま放置してしまったことが。
この時に放置してしまった理由はと言うと。

カジノにハマって進めなくなった。

どこぞのテイルズを彷彿とさせる出来事ですね。
まあそれに加えて、攻略本を買ってしまい、スペルカード全悪魔制覇とか大き過ぎる野望を抱いてしまって、なかなかストーリーを進められなくなったのもあったのだが。
そしてそのまま、ソフトとメモカはお蔵入り……。

という訳で、PSPでリメイクが出ると知った時は非常に心が揺れ動いたのであります。
携帯機なら、ちまちま進めるのに向いているから雪辱を果たすもってこいだ、と。
現在積みゲーになっているソフトが無ければ即購入決定なのに、と。
だがそんな迷いも、現実の憂さに疲れておかしくなったゲーマーの欲求の前には成す術もなかった……。

なので、取り敢えず1周目はあまり何も考えずに、セベク編でささっとクリアを目指す所存。
今度こそは!
雪の女王編もやりたいので、2周は決定ですな。


発売日は4月29日(水)。
珍しいな、水曜発売とは。
そういえばKH358/2も木曜ではなかったような。
何か理由があるのかなあ?
予約をしたので受取りに。
……これ、もしかして予約特典付いて……ない?
もう遅過ぎて無くなってしまっていたのか……?
どうしても欲しかった訳でもないのだが、折角予約までしたのにな……としょんぼり袋を覗き込むと、薄い紙ケース発見。
これか!
まさか紙ケースに入っているとは!
てっきりプラスチックケースだとばかり思い込んでいたので、ほっと一安心。
ジャケットは紫の蝶が白に映えて美しい。

徐に開始。
荘子の胡蝶の夢の話から始まるのが懐かしい。
で、主人公の名前ですが。
姓は後川、名を蔵介、ニックネームは「くら」にしてみた。
あとかわ くらすけ。
"あと"かわ く"らす"け。
……下の名前を考えるのに苦労したんだ。
どうしても思い付かなくて、危うく血迷って「後川ラスラ」でニックネームは「ラスラ様」にして、エリーのお株を奪う所だった。
帰国子女? イヴァリースからの?

んでも……何かポップな雰囲気に生まれ変わったなあ。
BGMに歌が入っているのだが……。
あ、いや、サトミタダシは問題ない。
何か、もっと雰囲気暗くなかったか……?
まあ構わないですが。
それより、ちょ、ダンジョンマップの移動が速過ぎね?
超全力疾走くらスケスなんだけど?
学校の廊下をこんなに走って怒られないのかビクビクする。

今現在、廃工場へ向かう途中。
PS版の時は、この辺りで終わっていた気がする……悲しいことに。
ベルベットルーム解禁てことで、スペルカードを集めまくるぞ!
しかし、くら達のレベルはまだ10前後……。
降魔出来るペルソナは限られているのであった。

フィレモンが……フィレモンがどうしても皇帝に聴こえて仕方がない。
posted by cai at 01:10| ペルソナPSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。