2008年07月04日

星空の下、帰り来るは

長かった……。
果てしない道のりだった……。
ようやっと、テイルズ・オブ・ジ・アビス、2周めクリアを果たしました。
そう、たった二つの目的を成就させるためだけに、やっぱりかかった70時間弱。
このゲーム、アニス・タトリン奏長の正式所属名にも勝る長さだわ……。
ついつい寄り道してしまう悲しきゲーマーの性も一因なのだが。

目的その1:アビスマーン。
これは1周めでは見られないからね、仕方ないね。
ステータス画面の説明欄がいちいち可笑しいんですけど。

蛇足ながら、ブウサギはジェイドから発見するべきである。
何故ならガイのセリフに、より一層のキレが加わります。

ゲットした後、いそいそとキノコロードへ向かう。
この為にこのイベントを残しておいたんだもんな!
そう、アビスシルバーで思う存分走り回る為に……!
コイツら……本当にどう見てもアホだ。アホの集団だ。素晴らしい。
キノコも採って来て満足したところで、耳元に悪魔が囁く。
ネットでさー、プレイ記いろいろ読んでいるとさー、このままでアッシュと別れちゃった人がさー、結構いるんだぜ?
…………。
それもちょっとやってみたい。
レッドとシルバー対決とかやってみたい。
悩みに悩んだ末に、六神将に戻しました。
終わったらもう友人に返却するからなあ。
最後は感動で締めくくろうと思う。
と、決めたのに、またアッシュと両親ご対面イベントで迷ったり。
いや、いいんだ、もうシルバーに未練はないんだ。

ゆ〜けゆ〜けゆ〜け〜 ア〜ビス〜マン〜♪
せ〜いぎ〜のみ〜かた〜 ぼ〜くらの〜アビ〜スマ〜ン♪
フィールド曲も脳内で歌詞が補完されるようになりました。
あ、最後のフィールド曲ですよ。

で、目的その2が、コンタミネーション関連のイベント。
1周めでは、大佐の槍の話とスピノザがアッシュに説明した話とネビリム戦後のディストの話を聞けなかったので。
まあ槍の話は置いておいて。

スピノザがアッシュに、レプリカを作ることでオリジナルが受ける影響を説明したという話は、それを見て初めてアッシュが生き急いだ切っ掛けがわかった。
ちょっとその辺がうやむやのまま、1周めは終わっちゃったもんなあ。
スターのイベントは見ていたから、完全同位体のレプリカを作るとオリジナルは死んでしまうのだろうなあと漠然と思っていたけれども。
でもって、最後の最後、グランコクマ軍本部でのディストとの会話。
……えーと、すんません、大爆発(ビッグ・バン)て何でしたっけ……。
実のところ、大佐とディストの会話は大部分意味が不明で。

その後、エルドラントに舞い戻って師匠と対峙、3回めのエンディング。
アイツが腰に差していたのはローレライの鍵で、持ち手は左側にありました。

何だか不完全燃焼で、どうしても知りたくて、ネットの海を徘徊。
大爆発(ビッグ・バン)て何だったっけ?
結局アイツは誰ってこと?

アイツが誰なのかについては議論沸騰で、色々な説があるらしい。
わざと色々な意味に取れるようなエンディングを作ったのかも。
どこまでイベントを見ているかで、解釈が全然違ってくるもんなあ。

1周めの時は、スターのイベントなんかは見ていた。
だからエンディングを迎えて、アイツはきっと、身体はアッシュで中身はルークなのだろうと思っていた。
まあ、スターはオリジナルの意識が残っていた訳なんだけど。
アッシュが死んでしまって、アッシュの音素がルークの身体にコンタミネーションして混じって、ローレライの解放の時にルークの音素が乖離して(イオン様のように)身体が無くなって、今度はアッシュの身体(遺体と言うべきか)にルークの音素がコンタミネーションして、アッシュの身体の中にルークの意識が再構成されたのかと思っていた。
細かい理論はよくわからないままに。
だから、アイツが言っていた「約束」はティア嬢との最後の約束のことで、それも中身がルークだという証だと思っていた。
アッシュは死んでしまったけど、でもルークだけでも帰って来てくれて一応ハッピーエンドなのだと思っていた。

でまあ、2周めを終えてネットを漁ってみたのだが。
ちょうどブログで、大佐とディストの会話、それと公式コンプリートガイドの説明を載せてくれていた方がいたので、ちょっとURL書いておきます。
大丈夫かなあ?
まあ、迷惑がかからないことを願います。
うーん、たぶんかからない……と思うんだけど。

http://coral-skye.freeborn.velvet.jp/?eid=306711

大爆発(ビッグ・バン)てそういうことか……。
自分が思うに、アッシュはスピノザの説明を受けて「段々オリジナルから音素が乖離→オリジナルは体力などが衰えて死に至る」と誤解したんじゃないかな。
大佐の説では、アッシュは死ぬのではなく最終的にルークの音素を取り込んで融合する、というのが正しいのだが、スピノザがわかりやすいように説明した為に誤解してしまい、生き急ぐような行動に走った、と。

そこは、わかった。
でも……その後のこと……理解したくないんだけど。
大佐とディストの最後の会話……理解したくないんだけど。
つまり、完全同位体たちは、最終的にオリジナルがレプリカを取り込んで融合して再構成される。レプリカは記憶がオリジナルの中に残るのみ。融合したオリジナルは自分とレプリカの二つの過去の記憶を持つようになる。

以下は自分の想像だが、レプリカ情報とは割合、物質的なものであって(遺伝子情報とはその点意味が違う)抜き取るとオリジナルの身体は不完全になる。
抜いたレプリカ情報という物質を元素などと、第七音素で繋いで再構成した物がレプリカ、というのはどうだろう。
それなら不完全な部分を補う為に、オリジナルの身体が再構成に向かうのも説明がつく……とか色々考えてみたが、よくわからん。
まあいいか。

とにかく、融合&再構成の理論を踏まえて二人の会話を見ると……。
「……(アッシュにルークの)記憶は残るのですよ(だからルークだった時の貴方との記憶も残る訳ですし、そんなに悲しまなくてもいいじゃないですか)」
「いえ、(ルークは)記憶しか残らないんですよ(例え記憶が残っていても、ルークという一人の人間はいなくなるのです)」
って、妄想しちまうんですが……。

何だろう……。
「……(大爆発が)始まっていないかもしれない」のセリフが辛い。
大佐、アンタそんなヤツじゃない筈だろう。
現実に起こり得る可能性の高さより、希望的観測や自分の願望を優先させたくなるなんて、絶対にしない筈だったろう。
何だろう……この解釈、アッシュが死んじゃっていた時より辛いよ。
アッシュ贔屓だった筈なのに、ルークが記憶だけになっちゃった方が悲しいんだけど。辛いんだけど。

けれど、自分の中で辻褄が合っちゃったよ。
何故ルークは3年も帰って来なかったのかって、どこかで怪我を治していたのかもしれないけどそれでも3年は長過ぎだって、疑問に思っていたよ。
もしかして、覚悟が決まるまでに時間がかかったんじゃないかって思っちゃったよ。
自分はアッシュでも、ルークの記憶も持ってしまっていて、その状態で皆の前に現れたら、自分がどちらなのかわからなくなってパニックになりそうだったのかもって。
ティアとかガイとかナっちゃんを前にして、きっと落ち着いてなんかいられないだろうよ。
だから、自分がどんな態度で皆の前に立つか、それを決心するまでに3年もかかったんじゃないかって。
あの「約束」は、きっとティアとルークの約束のことじゃないかな。
アッシュは、皆の前に姿を現すつもりはなかったのかもしれないが、ルークの記憶にあったあの約束を果たそうと思って、沈黙を破り皆に会いに来た……というのはどうだろう。
ルークの為に。
約束を果たしたかったであろう、ルークの為に。
以上が、自分の解釈。

これにて、アビスは終了。
「ルークの記憶も持ったアッシュは果たしてアッシュと言えるのか?」という疑問も無きにしもあらずだが、スターは自らをオリジナルと認識していることになっているので深くは問うまい。
もしかすると、レプリカの記憶はそれと認識できる思い出し方をするのかもしれないし。
本当に長かった。
次にRPGをやるとしたら何になるのかなあ。
ペルソナ4……の前に3やってみたいけどな。
13だったらどうしよう。
いつ出るのやら〜。


ラベル:TOA PS2 アビス ゲーム
posted by cai at 23:25| アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

一番め

世の中はMGSとかMGSとかMGSとか良いですなッ。
あ、もう古いですかこの話題。

どうせ時代に取り残された我が家にはPS3なんてハイカラなモンはないのさと黄昏れつつ、PS2をスイッチオン。
まあメタルギアシリーズは一作もやったことないのだが……な。切ない。

てことで、ガスガス進めたような進んでないような。
取り敢えず、アブソーブゲートの東尋坊から、師匠を奈落の底へ突き落としてきました。
しばしさらば、パイプオルガニスト。
ここから、あぼっさんのウジウジ虫が始まるんだよなー。

屋敷を飛び出て、ティアに会いアニスに会いガイに会い。
シュレーの丘でアッシュ発見。
アッシュのヤツ、ナっちゃんじゃなくてもガイなら質問に答えるのなー、と思っていたら、アニスが尋ねてもきちんと答えてくれた。
……あーすまん、自分が間違っていたよ。
「レプリカだけには素直じゃない」、これがヤツのデフォ。

大佐に会って、フリングス将軍の死。
今回はセシル将軍とのイベントを進めていたので、「彼女に祝福を」のセリフが更に痛々しい。
1周めは捕虜交換の前までしかやらなかったから「ほんのり想いを寄せる間柄」程度だったが、「結婚を控えた婚約者」だものなあ……。
一連のイベントの最後はレムの塔らしい。
どうなるのかなあ。

預言をめぐる様々な心情や思惑の描き方が、上手いと言うか面白いと言うか。
世界観がよく練られているなと感心する。
シナリオとも密接に絡めてあるし。
「預言のない世界」を不安に思う気持ちは、何となく想像できる。共感もする。
それと同時に、ルークたちの後の世代になればきっと、預言なんて無くて当たり前の時代が来るんだろうなあとも思った。
ルークや師匠たちにとって、預言から離れる道に踏み出すことは、迷って悩んで己の存在を賭けて踏み出す一歩なのだけれど、その後から来る世代は軽々とその一歩を飛び越えていくのだろうなあ、なんて。

ナっちゃんに会って、次はダアトが目的地。
「ダアトに行くの、やめない?」のセリフで、そうか、とうとうザレッホか……と知る。
行きたくないけど行くしかないし。
アビスで一番辛かったイベントは、やはりイオン様の死とアニスの告白。
二番めはイエモンさんたちの死かなあ。
内容がわかっていても、やっぱりタオル必須でした。
はああ、イオン様……。
この悲しみは三十代後半男性軍人が脱いだくらいじゃ癒されないんだよッ。
アニスはホント良いよなあ。
何となく、逃げることも人から慰められることも自責の念に浸ることも、どれも真の解決法じゃないと解っているような気がする。
人によってどのキャラに最も共感するかは違うだろうが、自分はやっぱりアニスだなあ。
ラベル:TOA ゲーム PS2 アビス
posted by cai at 00:02| アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

師匠がお待ちかね

必死でガツガツ進めるべく努力はしているが、やっぱり長いよこのゲーム。
まあな、1周めは100時間超かかったからな……。
でもまあ、50時間弱でvs師匠第一戦くらいまで行けるかな?
うん……それぐらいが普通だよな、本当は。

ザレッホ火山その1の、アニスのキョドり具合は楽しい。
「私、かわいいですか?」と訊かれると「はい、かわいいです」と言いたくなりますな。
まあまあ大佐、あんまりイジメないでやって下さい。
アニスと大佐の話が合うのは、両者とも自らの欲に忠実だから、なのだと思います。
アニスはまだ子供だからかな、とも思っていましたが、うーん、彼女は成長してもあのままのような気もする。
というか、ぜひあのままのアニスでいていただきたい。
教団初の女性導師に就任しても。

えーと、細かい事なのだが。
ダアトの教会内の、ザレッホに続く寂れた図書室ありますよね。
あそこの絨毯、走っても音が吸収されないのですよ。
最初から入れる図書室は、絨毯の上を走ると足音が鳴らないのだが。
きっと、長い間手入れされていなくて、絨毯がごわごわになってしまったとみた!

前にも書いたけれど、ジェイドとディストってやっぱり名前が似てるような。
ディストはこの通り名を自分で考えたのだろうか?
いや、何かもしかして、ネビリム先生の復活計画のことで大佐と決別して、六神将に加わって、大佐になりかわって研究を完成させたるぜ!みたいな意気込みでそういう通り名つけてみました……とか壮大な物語を思い浮かべてしまった。
雪の豪華ホテル密室殺ディスト(未遂)事件を見ながら、ついつい(密室の意味がちと違う)。
健気だのう。哀れだのう。Mだのう。

本日の教訓。

雪山の
 氷で滑って
  ハマるなよ

見事にハマった。
ロニール雪山の入口ちょい奥、左に曲がって凍った地面を滑るところですよ。
宝箱取ろうとして、最初から左にスティックを倒しっぱなしにしていたら、そのまままっすぐ左の壁にぶつかって窪みにハマり、にっちもさっちもいかなくなった。
本当にどこに方向キー入れても、全く動けないんですよ!!
ジャンプ出来ないかなーとばかりに×ボタン連打してみたが、何も。何もなかった。
いや、それゲーム違うって……。
自分のアホさ加減に軽く落ち込みつつ、リセットボタンで決着を図った。
違う、違うんだ、アホなのはアイツらなんだよ!

ロニールのボス戦で、アリエッタからアニスの人形を盗めると聞いたので、試してみた。
操作キャラは、接近戦しか出来ない&回復は人に任せたい等諸条件により、ルーク・アニス・ガイに限られるのだが、今のところルーク・アニスは皆よりレベルが高めなので、久しぶりにガイを使うことに。
残りのメンバーは勿論、ティア・ナタリア・ジェイド。
盗む前にアリエッタを倒されては困るので、適度に標的がばらけるように作戦を練る。
ティアは「術主体」で「同じ敵」。
ナタリアは「技主体」で「味方を狙う敵」。
ジェイドは「術主体」で「術を使用する敵」。
アリエッタはあまり前に出て来ないので、大佐には教官を狙ってもらって、ナっちゃんが守備を固める感じだとちょうど良い。
ティア嬢にはアリエッタをピヨらせる手伝いをしてもらう。
やっぱり盗むには、ピヨっているところにエフェクト発生させた技をぶちこまなきゃいけないように思う。多分。
てな訳でガイは、アリエッタの譜術を避けつつ攻撃し、ピヨったら真空破斬をかます方向で。
とかやっていたら、もの凄く呆気なく撃破してしまった。
何故に!?
リセットしてコンフィグを見ると、そこはノーマルでした。
…………。
あーそーいえば、この前メジオラ高原で迷いに迷って、敵がウザくて遂にノーマルに変えたんだったわ。
忘れていたよ…………ハードでやり直し。
ああもう。盗んだけどな。

決戦前夜in雪の町。
そうそう、次の目的地がラスダンだと信じていた時代もありました……。
まあ確かに師匠とは戦うが。
ここのイベントでは各キャラ(イオン様含む)に話を聞いて回れるが、全員のセリフが印象深い。
イオン様のセリフなんか特に好きだ。
前回は、ナっちゃんがあのプロポーズの言葉をルークに言ってもらうところが、ちょっと少女漫画ちっくだなあとか思っていたが、今回はもう少し違う思いを感じた。
何と言うか……それまでナっちゃんがルークとアッシュに対する時には、”ルーク・フォン・ファブレ”という肩書きに囚われていたのかもしれない。
”ファブレ公爵の息子”とか”将来の共同統治者”と言っても良いのだが。
実はルークはレプリカで、アッシュが存在していて、という事態になった時、ナっちゃんの中で「どちらかを本物の”ルーク・フォン・ファブレ”として選ばなければならない」と無意識に思ってしまったんじゃなかろうか。
彼女は王女であり、将来的に”ルーク・フォン・ファブレ”と結婚して共にキムラスカを治めていかねばならない。それが当然のことだった。
しかし、どちらか一方を”ルーク・フォン・ファブレ”として選んでしまうと、もう一方の存在を否定することにもなりかねない。
そこに彼女の戸惑いがあった気がする。
けれど、ルークにあの言葉を言ってもらった辺りで、ナっちゃんの中で、キムラスカにルークもアッシュもいて、”ルーク・フォン・ファブレ”がいなくても3人で力を合わせて国を治めていく未来が思い描けたんじゃないかなと、そんなふうに思った。
そんな未来が、来れば良かったのにね。
その後のアッシュとルークのやり取りは、「ありがとう」のセリフでまた泣きそう。
BGMの"mirrors"は「カルマ」のグロッケン・アレンジみたいな曲なのだけれど、はあ〜せつない曲だ〜。
ゲーム中では前半しか使われていないようだが、SONG FOR TALES OF THE ABYSSで聴くと、後半に入る時の密やかな盛り上がりがまたグッとくる。
どうしてCD聴くだけで、こんなに泣きそうになるのか……泣き上戸め。
ラベル:ゲーム アビス TOA PS2
posted by cai at 02:00| アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

荒野に棲む魔物

そういえば、コンタミネーション(contermination)という語が生物学とかで使われているとどこかで読んだことがあったのだが、たまたま『生物と無生物のあいだ』(福岡伸一著、講談社現代新書)のp.49に説明が出ていた。
興味がある方はどうぞ。
といっても、今日びググれば何でも出てきそうだけど。

とにかく今日は疲れました。
何が疲れたかって、メジオラ高原2回めが疲れました。

まあ、パッセージリングのダンジョンは極めて短いから良い。
ロボットから動力を抜き取るのに、今回はハードだった為か、ちょっと手こずった。
譜術使ってくる間合いが短くて、結局最後の方は、自分が譜術を引き付け逃げている間に倒してもらう、他力本願戦法に転換。

スピノザに3号機奪われたぜ! 追いかけるぜ!
と見せかけて、思わず高原奥部に迷い込む。
っていやいや、それは1周めの話。
今回は故意に迷い込みました。いや、故意に迷い込むって……。
1周めで、遺跡入口2だけ見つけられなくて、ずーっと後になって発見したので、今回は2から挑戦。
のつもりで、別の入口にたどり着いたり。
……まーいーんですけどねー、どうせ全部回るつもりだし。
アビスはこういうパズル的ミニゲームが多くて楽しい。
前回出来なかった入口2も、なかなか凝ってて面白い。
ああ、火をつけ火を消し……なーるほどー。
どうにか3個見つけて、残すは1個。
よし、ここは盤面傾けて動かすヤツ……ってアレ?
アレ? どうして出来ない訳?
え? 何? 何な訳?
さっき、高原入口付近でもう1個のスピノザを追え!イベントを発生させたのがまずかったのだろうか……。
高原の入口に近付かずに全部回らなきゃいけなかったとか……。

この時点で、高原内で迷いまくってかなりお疲れだったため、ネットに助けを求める。

ふむふむ……。
ふむふむ……。
えーと、なになに、ここの遺跡のパズルは、あの音機関ロボを弱体化させるためのもの?
4個のうち、最後のは絶対に操作できなくなる?
あー、なーんだー、そーだったのかー。
アハハハハハ…………。

って何だよ、ロボ倒してからじゃ意味ないじゃん!
何か隠しイベントでも起こるのかと思ったじゃん!
必死で迷った2時間は何だったのさ!
メジオラ高原吹き飛びなッ!!

結局ロードし直し。
そこからまた迷って、入口に戻れず。
もう1回ネットでマップを捜し。

何かもう……CIAの陰謀だとしか思えない。
ラベル:アビス TOA PS2
posted by cai at 01:00| アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

フロム・インフェルノ

やっと現実世界から舞い戻ってまいりました。
ああもう6月だよ。ハハハハハ。

ぽつぽつアビスもプレイしていたが、記憶がイスカンダルの向こう側までぶっとんでいるので、今回はネタ総ざらい特集でいこうかと。
大した量ないけど。

そんなわけで、ガイネタからいってみよう。
「秋沙雨」をずっと「しゅうさう」と読んでました。
あれ?
何か伯爵が「あきさざめッ!」とか訳のわからないこと叫んでるよ?
そういえば伯爵、ほかにも「かっ……かざん!!」とか意味不明な雄叫び上げてるよね。
ガイ様華麗に活火山? ザレッホ?
え?
「虎牙破斬」?
…………。
ガイラルディアのくせに生意気なんだよッ!

とある町のとある店先。
綺麗に飾られた造花に、でかでかと「ピオニー」と書かれた札を発見。
お痛わしや、こんなお姿におなりあそばして……。
一瞬「立てば陛下で座ればディスト、歩く姿は大佐のよう」と脳内に閃いたが、全然美人の条件じゃないよ。
しかも後ろ二人、元ネタに無関係だし。

名前の由来といえば。
魅惑の大悪魔&白スーツの天使ことバルフォア兄妹の場合は、ヒスイが元なのだろうか。
俗にいうヒスイ(翡翠)には、硬玉・ジェダイト(Jadeite)と軟玉・ネフライト(Nephrite)があり、地質学的には全くの別物。
硬玉の方がいわゆる本ヒスイで、質の高い宝飾品として珍重され高価。
チッ、逆ならよかったのに。

この前、ケテルブルクに寄ったついでで、久々に成り行きウェイトレスで遊ぼうかと思い立った。
やっぱメイド服で遊ぶのが礼儀だろと、着替えて行ったらなんとイベント発生。
青髪のウェイトレスさんがやたら敵意むき出しで突っかかってきた。
ここで勝負を捨てたらメイドがすたる。
ふん、かつて20万ガルド稼ぎ切ったこの腕を見せつけたるわ!と受けて立つ。
うむ、だがしかし、このミニゲームやるの1〜2ヶ月ぶりなんだよなあ。
出力70%ぐらいの感じで、お客5〜6人でもミスが出たり。
まあパーフェクトでなくてもクリア出来そうな展開ですが。
8人の回も4〜5人当てたら、青髪のおねいさんはぐぬぬっとなっていたし。
さあ終了、と思いきや、更にもう1マッチ来た。
注文消えるの速ッ!!
出来るかいこんなもん!!
などと叫んでみましたが、まあ大分やりこんでますからね、このミニゲーム。
注文を憶えるコツは、注文数の多い料理から憶えること。
2人でも3人でも、同じ料理を注文している客をまず記憶して、その後に憶えられるだけピンの注文を憶える。
得意な料理から憶えると良い。
○×□△ボタンと十字キーぐらいは、対応表を見ずともボタンが押せるくらいに慣れていると楽。
最終手段として、携帯のカメラを構えておいて、注文が映った瞬間を撮ればいいんじゃないかと。意地でもやらないけど。
そんなこんなで4人くらい当てたらクリア。
何だ、一度で出来た。意外に難易度低いな。
おお、ミックスフルーツのレシピを手に入れた!
早速料理すべく、一度戦闘してくる。
当番はやっぱりアニスにして〜。
これでやっとアマンゴとかが食べられるわけだな〜。
いざ、調理!

何か画面がフリーズしました。
……ナムコさん、これは何の陰謀よ……。

ちなみに、リセットして別のキャラに調理させたら上手くいきました。
イチゴか、イチゴのせいなのか!
あいや、少しシナリオ進めたら、アニスでも平気になりましたが。

ところで、惑星譜術イベントで。
陛下におねだり♪イベントの直後に、大佐の私室でもイベントがあるではないですか。
あそこで情報部から書類を持って来てくれるマルクト兵。
どう聞いても、声が色っぽいおねいさんなんですけど。
うん、きっとあの人は、ピオあんちゃんが趣味で作ったあんちゃん直属の近衛部隊の兵士さんなんだと思い込んでおくよ。
ラベル:アビス TOA PS2
posted by cai at 02:38| アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

最強大魔王

…………この前アビスやったのっていつでしたっけ……。

もう行き先がわからなくてどうしようもないので、あらすじ日記をそれらしいところから読み直して、記憶を辿る作業から始めました。
ああこれだ、思い出した。
次の目的地はダアト。イオン様に会いに行くところからだった。

……アレ?
何かこの文章、デジャヴ?

ティアとの特訓イベントで教官が呟いた「改革派に飾り物の頭を作った方がいいか」という台詞が、気になってしょうがない。
これってイオン様のことを指しているのだろうか?
もしそうなら、オリジナルのこと? それともレプリカ? オリジナルだろうなあ……。
そもそもこの台詞の意味もよく汲み取れていないのだが……。
あれかなあ、ヴァン師匠/総長は一応大詠師派と見せかけているから、対立する改革派にティアが襲われた訳で。
ならば改革派のトップに穏健な人物を据えておけば、過激な動きを抑えられると。
更にその人物を裏から掌握出来れば、教団内の動きは全て操れるし。
で、イオン様に白羽の矢が立った、とかどうよ。
何か、オリジナルのイオン様は師匠の計画に協力していたっぽい話がなかったっけ?
詳しい話は忘れたよ……。

そうか、イオン様は今まで秘預言(クローズドスコア)は詠んだことがなくて、それでルークに会った時に預言の人物だとはわからなかったのか。
多分、1周めではこの話、イオン様は若いので導師に就任して日が浅い→よって秘預言を詠んだことがない、と適当に解釈していたのだろうなあ。
きっと本当は、まだ生まれて2年めだから、そしてレプリカだから詠むのに負担がかかるせいなのだろう。

ダアトを出ようとすると、椅子から降りたディストに捕まる。
……大詠師シカトしてディストしか見ていない自分もどうかと思うが、ヤツも大概大佐しか眼中にないよな。このタイサスキーめ。

バチカルではインゴベルト陛下に会う前に、南国の蝶は着替えました。
何となく。
師匠戦もレンタルビューティは止めた方が良いんじゃないかと思うんだ。
ほら、師匠が困るかもしれないじゃないか。目のやり場に。

イニスタ湿原の宝箱を漁ろうとしたのだが、どうも無理っぽい。
うーん、ベヒモを倒しまくって進めばいけるのかもしれないが、さすがにノーマルでもキツそう。兵糧が足りん。
強制エンカウントのベヒモは倒してしまいました。
しかしその後のイベントは変化無し。

1周めでは見なかった、ガイと師匠の決別イベントを見る。
もちろん追いかけました。

何だろう……。
何と言うか……。
その……。

…………ガイ最強?

いやーだってさー、ルークのオカンだし、ティアには唯一の「常識人」扱いされてるし、ナっちゃんにも「優しい」ってよく言われるし、アニスにも財産狙われてるし(?)、大佐にもこき使われてるし(?)、ノワールにも気に入られてるし、ノエルも告白イベントで照れてるし、アッシュなんかすげなくされてるのに慕ってるし、ピオあんちゃんのブウサギ散歩係で、その上師匠からも特別扱いだよ?
何この最強っぷり。
おまけにペールさんも仕えてるしなー。
アビス界の裏番長とはヤツのことか……。

ガイを信じるかどうかという話で、アニスだけは冷めた台詞なのが面白いよな。
きっと自分がモースのスパイだから、ああ言ったんじゃないかなあ。
自分のことも信用してたら痛い目見るんだからね、という忠告を暗に込めて。

スピノザ追跡イベントは、1周めはケテルブルク港→グランコクマ宿屋前でバッジ貰って終了だった。
今回はグランコクマから行ってみたら、スピノザはケテルブルクに向かったとかそういう話だった。
結局ケテルブルクとグランコクマは回らされるのかーと思いつつ、そのまま宿に泊まって外に出ると、いきなり同じ漆黒の翼の兄さんにバッジ貰うイベント発生。
ぅおいっ! もう終わりかよ!
訳わからん……。
ネットで調べてみたところ、結構たくさんのパターンがあるイベントらしい。
1周めでバッジを貰えたのは本当に偶然なのだが、かなり運が良かったみたいだ。
第四石碑→ケテルブルク→グランコクマが、最もシナリオ理解度が高そうなパターンの模様。
つーかアッシュにも会えるんだなこのイベント……。
やり直して、アッシュに3回罵られてきました。
本当は寂しいのよ、あの子。
ラベル:PS2 ゲーム TOA アビス
posted by cai at 23:21| アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

クピド役も楽じゃない

友人に献上する為に、アビスのパーティキャラ6人をお絵描きしようとしていた訳ですが。
うん、今度の会合までには仕上がらないさッ。
……取り敢えず出来ている分だけ渡して参りますですハイ。
いつになったらソフト本体を返却出来るんだろーなー……。

前回プレイとの間隔が空き過ぎだと、本当にどこ行けば良いのかわからん。
GRADEがちょっと余っているからって、ルークの日記を引き継ぐんじゃなかったと激しく後悔している。
日記さえ普通につけてくれていさえすれば、次の目的地も難なくわかるというに……。
とかとかとかグチグチしつつ外殻に出ると、そこは戦争勃発イベントでした。
ああ……別に悩む必要も……。

ジェイド班とナタリア班の2班分岐。
1周めとは趣を変えようと、ジェイド・ティア・アニスとナタリア・ルーク・ガイに分けてみた。
ルークがカイツール班にいるので、今回はカイツールで降ろしてもらったところから開始。
大方の内容は変わらない。といっても、前回の内容もそこまで憶えていないが。
「俺はナタリアを守るだけだ」の台詞もまあ良いけれど、やっぱり「護衛しよう」の方が好きだなあ。
エンゲーブ班は村を出るイベントにも声が付かなかった。
1周めはどちらの班も声付きだった気がしたのだが……?
人選によって変わるのかなあ。ルークがいるパターンは全部付くようになっていると思うのだが。
思い返すと、1周めの人選がベストメンバーだったのかもなあ。
ルークはアクゼリュスの人のイベントがあるし、ティアは治療師だし。
ガイはセシル将軍との会話があるし、アニスはイオン様が導師なのにと憤慨するし。
にしても、神託の盾兵って足速くね?
キムラスカ兵やマルクト兵は避けられるのになあ……。
まあエンカウントしても逃走すれば平気みたいなのだが。

再びザオ遺跡、の前にオアシスでアッシュと会うイベントは、何かさ、せつない。
エンディングを知らなかった時でも「まさか死なないよな……」とドキドキしていたものだが。
ここの時点では別にまだ、「俺には時間がない」とかエンディングを暗示するような言葉は何もないんだけれども。
ローレライの呼びかけが、ルークからアッシュに移ったかも?と示されているくらいのもので。
やはり、喧嘩腰でないアッシュは軽くキモいということか。

そんなキモいアッシュにもちょっと刺々しいガイが、何故アッシュをそこまで毛嫌いするようになったのか妄想してみた。

1、その昔、大切に組み立てた音機関をアッシュに壊された
2、その昔、おやつにとっておいたプリンをアッシュに食われた
3、その昔、あまりにも絡み辛いアッシュのボケにツッコミ入れるのを失敗して軽くトラウマ

3だ。3だよ。

ケセドニア軟着陸に成功後、ケセドニアで合流した時のノエルが何かもう良い子過ぎて泣ける。
礼儀正しいし気持ちの良い喋り方だし、嫁に欲しいくらいだ。

ダアトに向かおうかというところで、前回逃したセシル将軍とフリングス将軍のイベントを開始する。
一応途中まではやったんだけどな〜。捕虜交換から先はやらず終いだったか。
今回もキューピッド役を務めまするは、キムラスカが王女・天使のナっちゃん。てことで旗を立てる。
う〜む、だがしかし、元のキューピッドがいくら半裸の子供とはいえ、そんなあられもない格好で戦場を駆け回る和平の使者というのも如何なものか……南国の蝶ときたよ。

ティア嬢だけメイド服を着ているのも寂しいかなと思い、現在6人とも自分のお気に入りの格好をさせている。
曰く、子爵様(腹が冷えないから)・ねこねこ(小悪魔も魅惑的ですが)・夢追い人(ツナギ良いですな)・赤いマント(ジョン・レノン型メガネなのだよ)。
それでもって、メイドさん(これに勝るものはない)と露出女王(人類はどこから来てどこへ行くのか)。
南国の蝶は髪型が好きなんだな。多分、アップにした髪型が好きなんだな。メイド服もポニテだしな。

にしてもこのイベント、本当に何回も行ったり来たりさせられるな(笑)……伝言役にされる王位継承権保持者たち。
ガイとセシル将軍は母方のいとこ同士らしい。Wikiで読んだのだったか。
ストーリー中には出てきたかな……このイベントを進めると説明が出てくるのかな?
うーん、にしてもさ、ガイがセシル姓を名乗るのもちょっと危うくないか?
十数年前のこととはいえ、セシルの名で気付く人もバチカルにはいるんじゃないか?
何が言いたいかというと、最初からガイ・ペールと名乗ってくれていれば混乱が避けられるものを…………ごめんなさいィィイイ!
ペールさんに全身全霊でごめんなさいィィイイイ!!

セシル将軍とフリングス将軍は何歳くらいなのだろう。
20〜30代だとは思うが……。
少将は軍の中で結構高い地位だよなあ。
大佐より一階級か二階級上だろうが、まあメガネ大佐は好きで大佐に留まっている節も見受けられるし一概には言えないが、本当は30代で将軍クラスというのも昇進が速過ぎるような。
けれどもかなり戦争が長引いている世界なので、軍人が多く殉職していると考えれば、軍功によって30代で将軍も有り得なくないのかもしれない。
二人とも30代前半くらいが良いかなあ。
なんとなくフリングス将軍は、ピオあんちゃんよりちょっと下、くらいが良いなと思うので。
ラベル:アビス ゲーム PS2 TOA
posted by cai at 00:57| アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

アーイ・ハブ・ア・ドゥリーーム

普段はあぼっさんかアニス使いなのだが、ナっちゃんを使えたら上級者、のような気がして、ちょっと操作してみる。
弓矢で突撃する訳にもいかんし、譜術も状態変化系が多いので、使いどころが難しいキャラ。まあ譜術はどうせ使わないけどな! てか使えないんだけどな!
むむう、意外と飛んでいる敵に攻撃を当て難い〜〜。特にちっこいヤツ。そこに期待していたんだがなあ。
コンボも素早くないので、いつの間にか敵に接近されてダメージ食らったり。
一カ所に留まらずに、頻繁に位置を変えた方が良いのか。
技も距離感を掴み難いんだよなあ。スターストロークとか? 接近すれば当たるというものでもなくて。
おかげさまでピアシスライン一筋です。
ピアシスラインは貫通するから使いやすい。
結論:ナっちゃんは迷うことなく使い難い。

あぼっさんの技では、崩襲脚と飛燕瞬連斬がお気に入り。
双牙斬のように下から上へ斬り上げる技は着地するまでに間が出来るので、崩襲脚の方が発動後の流れがスムーズ。
烈破掌は発動する前によく潰されるもので……ボスの譜術潰しなんかに良いのかもしらんが、どうせ後半になるとどいつもこいつも仰け反らなくなるからな。
そういえば属性技でFOF変化自給自足ってやったことないなー。
瞬迅剣で双牙斬とか。
アニスはやはり鷹爪襲撃が好きだなあ。
隙が少ないし効果範囲が広いし盗めるし。言う事なし。
奥義は双連龍牙昇をいつも使う。

セントビナーの住民を救う為に、シェリダンへアルビオールを借りに行く。
……そんな悠長なことでいいのか、と軽く思わないでもないが、完全な崩落までには数日かかるということになっているし。
また、め組のじーさんばーさんが勢揃いして嬉しい。先を思うとな……。

メジオラ高原の組み分けは、もし男性班と女性班に分けたら女性班は誰が音機関を操作するのかなーと思って、軽いノリで分けてみた。分けてしまった。
……わかっちゃいたが、男性班には回復役がいないンだよ。
グミか料理しか手がないンだよ。
まだ生きてるみたいですねえとかツッコミ入って、初めてヤバさに気付く事数回。
あれ? しかもこっちの班だけボス戦あるじゃん?
ガーーッッ! あぼっさんは必ずこちらの班だからな……。
仕方なく、温存してきたアップルグミ大放出。
や、そういえば難易度もハードのままだよ!
うわー痛い。
だがしかし、何故か今回はボスの弱点・炎属性をことごとく突く大佐の譜術。
貴様……いっつもいつもこっちで制限しないと無効属性の譜術ばかり使うくせに……嬉しいが、なんか腹立つわ。
ガイは良いよ、ちゃんとFOF変化技使ってくれるし、あぼっさんがヤバくて逃げ回っている時は敵を引き付けてくれるしな。
まあ、それよりもっと女性陣の方が良いけどな。なんたって回復役が二人もいるもんな〜。
アニスでビシバシ特攻弾!……と思ったら、一度もエンカウントせずに終わりました。
何だろうなァ〜、人生って虚しいなァ〜。
音機関を操作したのは、結局ガイとティアだった。
ふむ、多分ガイは最優先で操作すると思うのだが、1周めの人選からみると次は大佐かな。あぼっさんがどこに来るのかわからんが、もしかするとアニスとナっちゃんは操作しないのかもな?

シェリダンでゆっくりする暇もなく、キムラスカ兵に発見される。
兵隊が入って来ないようにガイが必死でドアを押さえているが、あれ、誰も手伝ってあげないんだよね。いやー、いくら小さな扉だとはいっても……。
ノエル、可愛いぞー。やっぱり操縦士はノエルじゃないとなー。

セントビナーへ飛び住民を救出し、とうとう崩落。
ああ、ここのイベントの「皆にはわかんねーよ!」が好きなんだよなあ。
はっと胸を突かれる思いがする。
アクゼリュスが崩落して断髪して、それまでとは打って変わって良い子になり過ぎたルークが、ここでやっと自分の本心を言えたっていう感じがするんだよね。
アクゼリュス以前の自分がいかにアホだったかわかっているから、「俺が悪かったんだから」と皆にもしおらし過ぎる態度を取っていたけれど、それはそれで問題というか自然でないというか、何か違う。
自分を押し込めるだけではなくて、自分はこうしたいと本心が言えてこそ、周りから認められる部分もあるのじゃなかろうか。
この辺りからメンバー全体が本当の仲間としてまとまってくる感じがあるのだが、それは必ずしも「世界を救わなきゃ!」という目的のせいだけではなくて、ルークの変化が皆にも影響を与えてるのだと思う。
それでもって、ここの「セントビナーを救いたいんだよ!」があるから、シュレーの丘でリングの操作に成功した時に、心から「あぼっさん、やったなぁ〜」と嬉しくなるんだよね。
「そりゃティアにも抱きつくよね(笑)」って思えるんだよね。
もう少し後の、エンゲーブルートを選んだ時の「護衛しよう」も好きな台詞。

そういえば、ティアだけずっとメイド服なんだよな……。
もんの凄く馴染んでて気が付かないくらいだが……。
ケテルブルクでどうしても、成り行きウェイトレスをメイド姿でやりたかったのだよ!
それでそのまま来ちゃったのだよ!
大人も夢見て何が悪い!
そう、大人にもささやかな夢があります。

大佐みたいな35歳になりたい。

……ダメですか。やめた方が良いですか、そうですか。

それじゃあ、ディストみたいな35歳にnやめた方が良いですかそうですね。
ラベル:ゲーム TOA PS2 アビス
posted by cai at 01:59| アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

いーーち

にーーい。
さーーん。

だぁぁぁああああ!!!

ゲームやらせろやぁぁぁああ!!
やる時間をくれやぁぁぁああ!!
ゲームやらんで何が娯楽か人生か!!
ああもう、忙しくて疲れて眠くて、全然進めやしない。
二週間ぶりにやっと電源を入れられたので心ゆくまで存分にプレイ。
頭痛がしたら止める。
……世の中の皆々様は1時間プレイしたら15分休憩して下さい。

ネフリーさーん、お久しぶりです。
この周で会ったのは初めてですがね。
相変わらずお美しくていらっしゃる。
ふむ、やはり既婚者でいらっしゃいましたか。多分「オズボーン子爵」というのが旦那さん?
ここで大方の予想を裏切って、実は結婚相手はディストでした、とかだったら、もんのすんごくハチャメチャで楽しい展開だったのにな、と一瞬思ってしまった。
ほら、しずかちゃんものび太君と結婚するし?
まあ人間的に、ディストはのび太君の足下にも及ばないと思うが。
ええ、そんなディストがお気に入りですとも!

テオルの森は相変わらず、隠れんぼが苦手……。
前回よりはマシになったか……と思いきや、結局最後の2人抜き&狼で手こずり、「倒して進みますか」と何度も訊かれるハメに。
だーからー、意地でも隠れて進むっつの!!
万能包丁はホテルの人に渡せるアイテムじゃないらしい。ずっと持っていて何か他のイベントに必要なのだとか。

ピオあんちゃんもお久しぶりです。
皇帝なのにどうしてあんな格好なんだろうな。グランコクマは暖かいのか。
キムラスカ軍は中世チックなのに譜業(機械)に強くて、マルクト軍は近代的な格好なのに譜術(魔法)に長けているって、よく考えると面白いね。
普通なら逆のような感じがするよね。
船着き場の浮き輪はダンク必須。絶対やっちまうね。
そういえば大佐は、お酒はそこそこ飲んでいるイメージがある。
きっと大佐の摂取カロリーの内訳は、生き血6割・アルコール3割・残りは健康診断。

ガイの本名はガイラルディア・ガラン・ガルディオス。
即ちG3(じーさん)。さすがメカマニア、Macユーザーとみた。
何だかこの名を聞く度にバスチアン・バルタザール・ブックスを思い出す。
うーん、本屋の小父さんがなー何だったかなー、カール・何とか・コレアンダーだったような……。
セントビナーにパッと行かずに一泊したら、ガイがアッシュについて喋るフェイスチャットが発生した。
うーん、何故ルークは良くてアッシュは駄目なのだろう?
ルークは確かにレプリカだが、アッシュだってファブレ家の息子とはいえホド戦争に直接関係してはいないのに。侵略したのはオトンじゃん?
1周めはナっちゃんのアッシュ贔屓が気になったが、今回はガイの方がしっくり来ない。
もしかして、最初からルークがレプリカだと師匠から聞いていたのかとも考えたが、そうするとカースロットでルークを襲った件と辻褄が合わないしなあ。
何かその辺の話とか説明とかあったっけかなあ。
あ、カースロットと言えば、操られているガイって後ろ姿しか映らないよな。
あれ、どんな顔して剣を振るっているのだろうね。恐い顔しているのかね。
うむ、やはりアッシュの性格が昔から気にくわなかった、とかありそうな気がする。
後は、ルークに真実を告げるやり方や態度に腹を立てた、とか?

テオルの森を逆流して出ると、真っ先に目につく探索ポイント。
ああ、ソードダンサー第2戦。
試しに適当に突っ込んで……って、ハードのままだったよ!
難易度は戦闘中に変えられないからなあ……。
取り敢えずメンバーは、ガイ・アニス・ナタリア・ティアだったので、操作キャラをガイにして攻撃を引き付け、残りは譜術等で遠隔攻撃をさせる。
お、意外といけるぞ。バシバシ戦闘不能にもなるが。
ぃよっしゃーー! ナっちゃんの一撃でトドメだ!!
だがしかし、残り3人戦闘不能。
ナっちゃんが経験値貰うのは良いが、控えの2人がレベル高いのに経験値貰うってのもな……。
やはりロードしてノーマルにして再戦。
同じメンバーで苦もなく撃破。

セントビナーでKYディスト来たコレ。
あのロボットは硬くて削るのも大変だが、攻撃が直線的で避けやすい。
またハードで倒してしまった……悲しいなあ……何だか無性に悲しいなあ。
ラベル:TOA PS2 アビス ゲーム
posted by cai at 02:07| アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

喋り放題聴き放題

プレイに間が空くと、次の目的地がどこなのかすぐ忘れる。
えーと、ダアト行ってイオン様とナタリアを救出、でしたか。

そうそう、音素学の特訓イベント好きなんだよね。
教官カッケェー。
カッケェーばかりでなく、ティア大好きっ子なのがひしひしと伝わってきます。
台詞回しも上手いと言うか、「そこまで!」と訓練を終えると優しい口調に切り替わって、公私のケジメをきっちりつける人なんだなと思う。
厳しさの中にも愛がある、良き教師であります。

この辺りのフェイスチャットは楽しいな〜。
”歪んだ愛情!?”とか好きですよ。ええ、アニスですから。愛ですね。先の展開を知っていると複雑な気分、てか泣きそう。
神託の盾本部での銅鑼の話も楽しい。ティアは真面目なのだから、あまりイジメないでください大佐。
まあ、イジメられているティアってとっても可愛いのだが……時々ならイジメても許します。
脱出後のイオン様の「ルークは元々とても優しかった」は、何度聴いても嬉しいなあ。

50hit越え(多分)のフェイスチャットも初鑑賞。
ティア曰く「二人とも(ルーク&アニス)、もう少し、間合いを考えた方が良いわ」。

操作キャラはほぼルークかアニスで固定

近接戦のみの特攻プレイ

敵に密着してダメージ受けまくり

当たっているぢゃないか……恐ろしいほどにドンピシャリぢゃないか。
はっ!
もしかしてこの部屋のどこかに監視カメラが!?
外出している隙にナムコさんのプログラマーが忍び込んで、新しく組んだソフトと入れ替えているとか!?

グランコクマに向かうにあたって、今回は状況を上手く整え、自然な成り行きでケテルブルクに寄港するよう航路を考えた。
即ち、パダミヤ大陸を西回りで北上ののち、まっすぐ東に針路をとる。
……イベントが起きない。
結構進んでしまっているのだが……もう雷の島を通り過ぎたが……。
って、やっとイベント起きたよ!
え、ここから一番近い港は本当にケテルブルクか?
ケセドニアの方が近くね?
ローテルロー橋だって至近距離じゃん?
ナムコさん……もっと手前でイベント起こせば良いのに……。

ケテルブルクでは噂の土管へまっしぐら。
スンゲェー……フェイスチャット多過ぎだろ。喋り過ぎだろ。
あんなに喋って口が疲れないのだろうか、と何だか思ってしまう。
ギンジを助けられないと、アストンさんが3号の操縦士になるようだ。
ご老体の勇姿も拝んでみたいが、そうなるとアストンさんは集会所から消えるんではなかろうか……。
そうなると見れないイベントも出て来るような?
料理関係のを一通り視聴。
アッシュの”愛の手料理”が好きだよ。
コイツ、本当にアホだよなー(笑)。
ついでにキノコロードのも聴いて、思いっきり吹いた。
バカじゃないかコイツ!
「毒がある」とか「ナタリアのせいにするな」とか、単体だとマトモな台詞だというに……。
きっとツッコミ要素は全てレプリカに持っていかれたんだよ。
「どうせ俺は聖なる焔のボケ担当だ!!」とか叫べば良いのに。皆納得すると思う。

あれれれ。
カジノのチップが引き継がれている?
GRADEショップにそんなのあったかな……。
ラベル:アビス ゲーム TOA PS2
posted by cai at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

全ては忘却の彼方

本日はアビスやりますかねー。

ベルケンドでスピノザ博士に話を聞く。
ここでは、ヘンケンさんはスピノザ博士の事を英雄だと言っていたのか……。
後の事件を考えると複雑な気分になる台詞。
まあ、ヘンケンさんもキャシーも、例えスピノザ博士の裏切りを知ったとしても、彼を憎みも恨みもしないような気がするけれど。

研究所前でガイとお別れ。
あー、アッシュはガイの素性を知っているのか。
ここで「あいつを選ぶと思っていた」とか言えてしまうアッシュが切ない。
ぼっさまの癖に(元、だが)苦労人。
あー何かもう、ナっちゃんと軽くいい雰囲気になるだけで切ない。
アニスにからかわれるだけで切ない。
ツンデレなだけで切ない。そうですか?
やっぱり、ナっちゃんが質問するとちゃんと答えるんだなコイツ。

ワイヨン鏡窟の「ワイヨン」が何か、大佐は知っているらしい。
……えーと、何でしたっけ?
あれーおかしいなークリアしたよねアビス?
何だっけ何だっけ?
うっわ、気になる。

そうそう、7年もぴんぴんしているなら被験者もレプリカも健康に問題はないと、大佐が太鼓判を押していたんだよなあ。
けれど、アッシュは後で何度か「俺には時間がない」と独白している。
これは何故?
あーれークリアしたよな?
師匠をタコ殴りにしたよな?
わからないって言うか憶えていない?
まあ何ですか、過去がなくても前を見て生きれば良いと思うんだ。

あぼっさん断髪。
ナイフでざっくりいった直後はアニメだと切り口が適当なのだが、きっとあの後にティアが切り揃えてあげたんじゃないかと妄想してみる。モミアゲのところとかも。
切り揃えるのもナイフでやったのだろうか……ナイフに慣れていそうだし……師匠の妹だし……。

ユリアシティの譜石部屋でレイラ様が「ただ見禁止」とのたまうが、これはつまり金払えってことですか。
同情するならガルドくれと仰りたいのですか。
ティアの譜歌イベントは好きだ。イオン様の慰霊祭の時のも。

ティアの声の人はもんの凄くお上手だと思う。
譜歌も綺麗だし。
ボケる時や可愛いものを前にした時は、普段の抑えめの口調から一転、スンゲェ可愛い声になって思わず「可愛ぇー!!」と叫びそうなくらい。
ユリアロードから出発する前、部屋でルークに、師匠を止めに外殻へ行ったきっかけを話すイベントがあるが、途方に暮れたような頼りないか細い声で、台詞のイメージにぴったりくる。
「私ダメね。アクゼリュスを救えなかった」(うろ憶え)とこの声で言われて、とても悲しくなった。
きっとティアは、口元は軽く笑わせながらも、少し困ったような泣き出しそうな顔で言ったのじゃないかと思わせられて。
アクゼリュスの経験は、ルークへの影響が一番語られていくけれど、それぞれのメンバーにもそれぞれの影を投げ掛けているのだよなあ。

あぼっさん、どん底からV字カーブの復活を目指して外殻へ帰還。
アホのくせに、ティアといいガイといいミュウといい、人間関係に恵まれてるね〜(イオン様含む)。
途中でニンブルレイピアを入手し、拾い物家族なのに珍しく、ルークとガイでお揃いの装備。
アイテム消費量を抑える為に、回復はなるべく自炊です。
シチューはまだ失敗するかな?と思いつつガイに料理させたら成功した。
うっわ、HPTP共に30%回復って凄っ!
思わず「ナイス、ガイ!!」と素で叫びそうになった。
ふへー危ない危ない、それを口にしてしまったら世の終わりだよ。
ラベル:PS2 TOA アビス ゲーム
posted by cai at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

何でだろうね

どうしてだろうね。

あぼっさんなら「ヨッシャァァアア!!」と雄叫びを上げるし、ガイなら「ま、妥当だな」と納得するし、アニスなら「アニスちゃんてんさーい♪」とにやけるし、ナっちゃんなら「流石です姫!」と誉め讃えるし、ティアなら「頑張った! 珍しく頑張った!」と涙するのですが。

なにゆえに。
戦闘勝利画面で大佐が真ん中に来ると「またお前かーーー!!」と叫びたくなるのですか神様。

まあ何で真ん中に来るかって、現在操作キャラが大佐だからだけどね。
譜術は使わない肉弾派。
……それはどう考えても使い難かろう……。
やっぱりアニスが一番使いやすいです。
ザコにワラワラ絡まれた時に蹴散らしやすく気分爽快。
ルークは技の範囲がちょい狭いので、攻撃が比較的当たり難い気がする。
え? それは自分がヘタレだから?

ありじごくにん、楽しいね!
シミターは持っていなかったので仕方なく買ったよ。
ガイが「なにをー!」と叫んだのに爆笑。
「なにをー!」って何だよ!(笑)
「なにをー(↑)!」なのか「なにをー(↓)!」なのかでイメージが大分違うぞ。
あの砂まみれのオレンジグミは誰が食べるんだかなー。
きっと、ティアかナっちゃんか大佐だな……。
ついでにケセドニア酒場では例え大佐に旗が立っていても、未成年に酒は出せないと断られた。

デオ峠からは、展開がちょっと見てて辛い。
ティアの「もういいわ」が堪える。悲しいなあ。
アニスはやっぱりイオン様第一だなー。

教官戦は迷うことなくノーマルで。
以前のトラウマが強く残っているのでな……今回はあっさり撃退したが。
うわーこの辺のボスは楽だったんだなあ。
特技ですぐに仰け反るから譜術潰しが簡単。
回復役もナっちゃん一人で充分だったし、特にグミを使うこともなく。
装備品の貧弱さはレベルでカバー。
レベルは勝手に上がるからなあ。

運命のアクゼリュス。
あぼっさん、皆にかなーり引かれてます。
そのせいで更に師匠捜しに躍起になるところがまた悲しい。
そういう心情も解るだけに尚更。
誤解やすれ違いで上手くいかず、何をしても増々悪化するだけって時はよくあるものなあ。
別にルークだって住民を助けようとしていなかった訳ではなかったのに。
皆の救助活動を軽視するような台詞も、超振動で根本的解決が望めると思っていたからこそ口から出たんだろうし。
……いやー、あぼっさんなら普通に言うかもしらんが。
一人一人運んでいたって埒があかない、というのもある種真実だとは思った。
根本的解決は気分良いからね。
対処療法てのは、果たして意味があるのか自問してしまうことがあって、何かもやもやが溜まるからね。
でも仮に、自分がああいう場にいて障気を止める方法がわからないとしたら、とりあえず状況の把握を兼ねて奥へ進んで、運べる限り奥から人を運ぶとは思う。
それが根本的解決でなくても、そこに意味はあると思う。
皆とやること変わらんな。うん。
フェイスチャットやイベントを立て続けに見ていると、たまに、皆だらだらくっちゃべって机上の空論弄んでいるだけに見えたりするんだよね。ゲームシステムの都合上仕方ないが。
嫌ならフェイスチャットを見なきゃ良いのだが、だって見たいもの! 人間だもの!

崩落直後のイベントは悲しいなあ。
比較的ティアの当たりが軟らかいのは、きっと彼女も崩落を止められなかった自分を責めているのだろう。
イオン様は一貫して優しい……良い人だよ本当に。
大佐が怒るとマジビビりする。恐っ。
ミュウが必死に慰めようとするのも、それに八つ当たりしちゃうのも、両方わかるから悲しいなあ。

アッシュはどうやって魔界に来たのだろうね?
アクゼリュスで鳥型の魔物に捕まって連れられていったのに。
魔物をもっとぶん殴って一緒に落ちたとか?
アッシュが師匠から離反したのは、カイツール襲撃後なんだそうだ。
その直後にアリエッタがカイツール港を襲撃するもんな。
ふむ、つい最近の話だということか。

ナっちゃんとガイは、ルークとアッシュについて立ち位置が対称的だ。
最終的には両方とも大事な幼なじみ、というところに落ち着くけれども。
ナっちゃんについては……小さい頃はよく3人で遊んだが、大きくなるにつれ王女の仕事で忙しくなり、誘拐事件後は小さい頃ほど頻繁に交流していなかった……と、妄想してみた。それで、ルークに対して割りと冷淡、とか。
突然レプリカの話を聞かされ、困惑によりルークに上手く接することが出来ない、というのも考えたが、あの人そんな繊細な器じゃないだろ。
ガイの方がわかりやすいというか。ルークになってから、ずーっと面倒みて来たのだろうなーと思う。
ルークの父として兄としてっていうかむしろオカン、とは万人の感ずるところらしい。あんなぼっさまに育ったのは、ガイが9割・母上1割・残りが師匠だよきっと。計算違うとか言わない、そこ!
アッシュがルークだった時は、鼻持ちならないヤツ……とか思っていたのだったりしてね。アッシュはやはり根が貴族で正義漢ぽいところもあるからね。その辺りはナっちゃんと似ていると思う。ノブリス・オブリージェなヤツら。
ガイの「お前、全然違うもんな」とナっちゃんの「変わってしまいましたのね」って、意味が正反対で面白いものだ。
アッシュの料理フェイスチャットは、やっぱりほのぼのしてて楽しいよ。
ラベル:TOA PS2 ゲーム アビス
posted by cai at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

諦めたよパトラッシュ

やっとPS2に電源入れられたよ……。
サンタさん、プレゼントは時間が良いです。
ついでに、人生に対するやる気をおまけしてくれると尚素晴らしいです。
別に煙突のない家だからとか、今は2月だからとかそんな遠慮はしてくれなくても結構です。

バチカルの港にて、前回逃したコンタミネーションイベント鑑賞。
あ、大佐の槍はそういうことになっていたのか。
全然気にしていなかったが、そういえば出たり消えたりしているね。
まあ現実世界だと元素の再結合にはきっと莫大なエネルギーが必要……とか野暮なツッコミ入れると、ウィリー・ウォンカ工場長に馬鹿にされるから止めておこう。
そういえば他のメンバーは、きちんと武器を持った状態でデザインされているよなー。
ルークとガイは剣と鞘を着けているし、アニスとナタリアは後ろに背負っているし……ティアは?
アニスも装備品を持っていないと言えば持っていないが……ティアはどこに隠し持っているんだろ……胸元……ぶほっごふっがぶふほっっっっ。

廃工場に行って、ナっちゃん仲間入り。
この人、強ぇぇー……説教魔人(笑)。
あれ、ナっちゃんが聞かなかった師匠との話ってどの辺りの話だ?
あれか、超振動で障気を吹き飛ばせるって話か?
7年前の誘拐は師匠の仕業とかダアトに亡命しようってのは聞いていたみたいだし。
よく憶えとらんよー。
マルクトとの和平がかかった一大事に自分が行かないでどうする!と、鼻息荒いナっちゃんだが、ずっと後にこれが、国王の傍にいて諌めることが自分の果たすべき役目だった、と変わるんだよなあ。
ナっちゃんは何事につけ、ルークより覚悟が出来ている気がする。
態度も潔く一貫しているし。
キムラスカの未来の統治者、という事が、重責ではありつつも彼女の全ての拠り所なんだよなあ。
それはある意味……幸せ、とも言えるのかな。他に選択肢ないし。
ルークは王位継承者だという事も、拠り所と言えるほどピンときていないんだろうなあ。
まあ、まだ生まれて7年だしね。難しいよね。

廃工場はギミックが楽しいぞー。
ナっちゃんとルークの料理フェイスチャット拝見。
頂上決戦の勝者はどっち?
ルークとティアのレベルが高いので下げ、操作キャラをアニスに変更。
ボス蜘蛛相手によっしゃ秘奥義で「もー私ってば最強♪」したるぜ!と意気込んだら、奥義を発動して○ボタン押しているところでメガネにトドメを刺されました。
だからお前は嫌いなんだよ!!
今まで何度センターを奪われたことか!

「同じ顔」イベント。
あっアッシュの前髪が下りているのってここか!
ユリアシティでいつも不思議に思っていたよ。
大佐だけが知っている。
前髪の秘密。違うって。
まあ、六神将の皆さんはアッシュとルークのことはご存知のようですが。

砂漠のオアシスでは食材のみ買い込む。
他のアイテムは買わない縛り。
めちゃくちゃエンゲル係数高いんじゃないの? この家族。
宿屋に泊まるのとディンの店だけはガルド使っていますが。

ザオ遺跡のBGMが好きだー。
ついでにイベント時などに流れる"Wish and Sadness"という曲も好きだ。
これが聴こえてくると涙腺緩む。
ミュウに ちからが みなぎっている!
最初は意味もなくあちこちにダンクしたものだった。
そういえばねーボス戦はねーハードは諦めたんだー面倒だしさー。
シンクとラルゴもかなり楽。素晴らしき哉ノーマル。
とかいって、1周めはそこそこ苦労したのにな。
そうか、アッシュはまだラルゴとナっちゃんのこと知らないんだ。
ようやっと、アニスの料理フェイスチャットが見れた。
イオン様がいないとダメだった訳か。
アニスはイオン様に関することは色々と本気だよなあ。
「ルーク様ぁ」みたいなわざとらしさがない。
でもイオン様は……アニスぅーーイオン様ぁーーーうあうーーー。
ラベル:TOA PS2 アビス ゲーム
posted by cai at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

帰ってきましたよ

シンクに追われて、慌ただしくケセドニアを出港。
シンクはガイが何者か知っているんだろうな。きっと、師匠から聞いたんだな。

「フォミクリー」という単語がついに登場。
イオン様も少し反応している。
ティアの料理は師匠に習ったものだそうな。
師匠、ネタにされ過ぎ……。

タルロウX捕獲ミニゲームは、○ボタン連打しながら走っていくのが最速だと思う。全面的にルール無視。
水に飛び込んで平気なのか?という話は、実は直後のボスの弱点への布石だった。
今日はディストが大活躍だなー。
子どもの頃はあんなに可愛かったのに、どうしてこんな大人に育っちゃったのやら。
……にしてもカイザーディスト硬っ!
何じゃこのポンコツロボットにあるまじき硬さは!!
ってそういえばハードのままだったよ……。
通常攻撃はほぼ1。
「こいつが弱点か!」と叫んでも精々2桁。
それでHP5桁削り倒せってか……。
一度出直すが、手応えもあったので作戦その他を練ってハードで続行。
硬いなー硬いなーだが大して強くもないなー。
大佐の技を水属性に限定してルークとガイのFOF変化を狙ったが、大佐のTPが全然保たない。結局3人でタコ殴り。
ティアも回復に忙しくてナイトメアも使う暇がない。回復用のTPもすぐに空に……。
随分と長くかかったが、ハードでどうにか撃破。
疲れた……。
にしてもアリエッタの時はすぐにハードは諦めたのになあ、倒せちゃったなあ。
せつない……せつないぞディスト。

バチカル到着〜。
やっとナっちゃん登場。その傍若無人っぷりが素敵。
ティアへの台詞とか配慮が全くないよな。さすが姫。
ここのティアと母上の会話が好き。
ルークが別れ際にティアにかける台詞も。
この頃はまだ皆、互いに台詞回しがよそよそしいかな。
ティアとルークはもう知り合い、というかそれ以上にルークとガイは知り合いっぽい喋り方だが、その他のメンバーは喋り方がそんなに打ち解けてないよなあ。
エンディング間近のころと比べると、だが。
アニスも最初ティアにさん付けしていたけれど、いつの間にか呼び捨てになっていた。
ルークにはまだ様付け。
呼び捨てになるのはアクゼリュス後だっけ?
ラベル:TOA PS2 アビス ゲーム
posted by cai at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

俺たちの武器は!

グミと!
他力本願と!
仲間の犠牲♪

……最低だ……。

あー、いやね、ソードダンサーも今回はやっとくかと思いましてね。
ハードは諦めました。与ダメージ一桁に絶望しました。
が、ノーマルでもバッタバッタなぎ倒されるんだけど。狩り倒されるんだけど。
やはり今度も他力本願戦法に頼らざるを得ないか……。

操作キャラ・ルークを除き、周りを譜術キャラで固める。
即ち、アニス・ジェイド・ティア。
アニスと大佐は「術主体」の「全力」でアイテムは「使用するな」。
何が大変かというとグミの所持数が少ないこと。
節約家族縛りのお陰で、オレンジグミが5個しかない。更に今後のことも考えると使わないに越したことはない。
こうなったら二人には、TPが空になったら捨て駒になってもらうしかないか……。
ティアのみ「バランスよく」「TPに気を配れ」。
ソードダンサーは譜術攻撃ではないので、攻撃を回避するとなるとヘタレには荷が重い。
よって、ネビリム戦とは違い、全てガードで攻撃を受けることにした。
ドッジロールがなー、使えればなー。

1回試してみたら、アニスと大佐が普通に前線に出て来た。
おーまーえーらー! 言うこと聞け!!
ほら見ろ言わんこっちゃない、バタバタ狩られているじゃないか。
ライフボトルもグミも散々使わせられて、まあとにかく倒すことは倒す。
違う……目指しているのはこんなものじゃない……。
うむう……。
とりあえず、技を全て使用禁止にして、術も2〜3種類しか使えないようにしてみた。
今度は前に出て来ない。よし、思惑通り。
おお? しかも何かFOF変化が頻繁に起こるぞ?
イグニートプリズン→エクレールラルムの属性技、とか。
エクレールラルム→リミテッドの属性技(たぶん)、とか。
そうか!
こうやって使用可能譜術を限定しておけば、単体戦はFOF変化バリバリでウハウハでしてやったりなのか!
気付くの遅っ!
アップルグミとオレンジグミとライフボトルを1個ずつ使って無事勝利。
節約家族に栄光あれ。

アルマンダイン伯爵の軍服、カッケェーなー。
キムラスカの軍服は臙脂色で色調がシブい。
一般兵は甲冑を着込んで中世の騎士のよう。
マルクトは全体的にポップでカジュアルな感じが。
一般兵も近代的な服装をしているよなー。
マルクトの佐官クラスは皆、大佐と同じ軍服を着ているのだろうか?
あのベルトも支給品……なのか……?

海だ! 船だ! 海は広い!
今回は全員の話を聞くべく、キャツベルト内を隈無く回る。
そうそう、前回は大佐の話を逃していたのだった……何か深刻な話をされた。
もう恨まれているかも、とはアッシュのことだろうか。
ガイの話も今聞くと、少し考えざるを得ないなあ。
これって、アッシュがルークに替わったから復讐を止められたということなんだろうか。
ルークが誘拐されて話せも歩けもしない状態で戻って来た(ということに今はなっている)ことが、ガイにかなりの影響を与えたのでは、とは考えていたが、もしアッシュがずっとファブレ邸に留まっていたなら復讐を果たしていたんだろうか。
後の話でもアッシュとはルークのように仲良くないしね。反発でも覚えていたのだろうか。
アニスの問いには今回は「好みのタイプ」と答えてみた。さして会話に変化はないようなあるような……前はどんなだったっけ?
そうそう、ここでティアが記憶障害について謝るのだなー。
この生真面目さが実にティアっぽいよなー。
プラネットストームとかやっと話についていけるようになったが、世界観がきちんと作ってあってなかなか興味深い。
恐らく石油燃料の代替に考えられた概念じゃなかろうか。
産業の発達にある程度のエネルギーが必要な訳だが、アビスの世界は外殻大地で宙に浮いているから化石燃料は発掘出来ないわな。

外殻大地って、頑張って掘れば魔界に到達……出来るのかな?
原理的には可能そうだが……ありじごくにんの穴が気になって夜も眠れないんだ。
ありじごくにんのお願いを聞いたのも今回が初めて。
前回は領事館イベントもすっ飛ばしてアスターに会ってしまったからな……。
普通さ、寄り道して町を端から端まで探索し尽くしてから目的地に行かないか?
それならさ、領事館に寄る前にアスター邸に入っちゃうのもさ、道理じゃないか?
まあね、領事館に行くとやっと、色々見て回ろうぜ的な流れになるんだけどもさ……。
悲しきゲーマーの性。
ラベル:TOA PS2 アビス ゲーム
posted by cai at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

そりゃ硬いよ石だもの

2周めに入ってやる気が薄れているのが一目瞭然だなあ……。
スイッチを入れると長々やっちゃうが。

そういえば、チーグルの森でルークが名乗った時に、イオン様はルークが預言に詠まれた人間だと気が付いたのだろうか。

出た! 「月夜ばかりと思うなよ」
この頃はルークに「様」付け&丁寧語のアニス。
目指せ未来の公爵夫人ですから。
イオン様の口から「ヤローてめーぶっ殺ーす」が出て来ると何だかほほ笑ましい。そうか?

ティアは海を見たことがないのか。ずっと魔界にいたから。
ガイが海難救助の資格を取ったのは、ホド崩落の影響もあるのかなあ。
フェレス島の津波うんぬんて話があったような。
それでもってユリアの譜歌に詳しいのは師匠に聞いたとみた。

石像がめっさ硬いんだけどォォォオオ!!
いや、その、サプライズエンカウントを学ぶあの石像のことなんだが。
与ダメージが綺麗に1。
ハードの壁は厚いな……。
自分の腕に絶望してレベル上げして来た。10まで上げれば問題あるまい……。
アリエッタがめっさ硬いんだけどォォォオオ!!
え、何、こんなの有り得ん!
与ダメージが綺麗に1。
人生に絶望してレベル上げして来た。13〜4ならいけるか……。
与ダメージが2にもならないんだけどォォォオオ!!
硬っ……!
それでも2000ぐらい削ったのだが途中で諦めました……。
ビバ、ノーマル。
別にハード縛りじゃないもの、節約家族縛りだもの。
食材以外拾い物で済ますんだもの!

師匠と六神将の動きは複雑で微妙。
タルタロス襲撃は恐らく師匠の命令。
教官がアッシュに「閣下の命令を忘れたか」とか何とか言うし。
この「閣下」はモースとも誤認出来そうな呼び方なのが上手い。
アリエッタのカイツール港強襲は、師匠とは関係ないらしい。
「アッシュに頼まれた」とのアリエッタの言葉に嘘はないと思われる。アリエッタだけに。
この辺りでアッシュはもう、師匠の命令にかこつけて独自に動いているっぽい。
師匠が六神将に下した命令はきっと、導師イオンを手に入れセフィロトのダアト式封呪を解かせろ、ということ。
アッシュはそれに乗じて、ルークと便利連絡網を開いてアクゼリュス崩落を阻止しようと動いている、感じか?
コーラル城でディストとシンクが施した処置は、師匠の命令じゃないよなあ。
ふーん、師匠と六神将の関係も複雑で微妙。
ディストがアッシュに協力したのは、ルーク即ち完全同位体レプリカのデータが欲しかったからだと思うが(忠誠心なぞないし)、シンクは何故?
まあ、忠誠とか関係無さそうだし動きの読めない人物だが……。一度クリアしたのによくわからん。
アリエッタは師匠の命令も聞くが、アッシュとも信頼関係にあったんじゃなかろうか。
アッシュは子どもには優しそう。
ルークも子どもに優しいっぽい。アニスのことを意外に心配している。似ている……?
教官は師匠一筋か。
ラルゴは師匠に対して盲信というより賛同、かな?

あと、何故ディストでサフィールなのか悩んでいたが、六神将の名前は皆コードネームみたいなもの、なのかも。
別に本名を持っている人が多い。やむを得ない事情を持つ人が多いからか。
特殊部隊みたいなものだから、詳しいプロフィールが公にならない方が都合が良いのか。
アリエッタは本名かな?
シンクは本名というか、付けられた名前?
ディストは……隠すも何も大佐にもろバレだし、あまり必然性を感じないのだが……どうよ。
ラベル:TOA PS2 アビス ゲーム
posted by cai at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

ちまちま進め

"SONG FOR TALES OF THE ABYSS"をほぼ毎日聴き込んでみたり。
ティアの譜歌が頭から離れん。上手いよなー。
"meaning of birth"や"mirrors"も聴いているだけで何だか泣けてきそう。

捕獲されて、久しぶりにタルタロスに乗る。
まだ自分で動かせはしないが。
タルタロスって見た目がカーリングの石か、業務用の掃除機みたいだと思う。
甲板での草原を走っている背景が好きだなあ。
そういえば1周めでは、ここで大佐に向けて火ィ吹けブタザル!とか遊んでいたのだった。
イオン様のルークが懐かしいという台詞は、先の話を思い起こさせて少し切ない。

ツンデレぼっさん、初っ端から出来損ないが!と叫んでいたよ。
ルークの誘拐話から何か考えていた大佐だが、ここでアッシュと対面して確信に至ったか。
ティアとルークを始末しようとするアッシュを教官が制するのは、てっきりティアを守る為かと思ったら、ティアがいるのに気付いたのはもっと後だった。
教官、気付くの遅っ。
ティアは「ルークは民間人」の辺りの台詞も好きだが、「あなたは私が責任を持って送り届けます」とかも非常にティアらしい。
木箱移動パズルでも、あれ、絶対に「男だから力仕事を任せる」とかこれっぽっちも考えていないだろうなー。ああティアっぽい。
ガイ様華麗に参上はまあ置いておいて、あそこでのガイの状況判断力凄まじくね?
瞬時に敵味方人質判別してイオン様抱えて持ってくるんだよ?
まあタルタロスに潜んで状況を窺っていたのだとは思うが……。

セントビナー手前でのイベントのエンカウントで、片っ端から神託の盾騎士団の連中を叩き斬っていったら、勝利画面のルークの台詞が暗かった。
うむ……恐らく1周めではヘタレ過ぎて、他のメンバーが喋っていたに違いない。
ラルゴの襲撃からここの野営までの一連のイベントは、あぼっさんの決心がまだそんなに痛々しくないし、話の流れも上手くて好きだ。
断髪後のあぼっさんは見ていて辛い時が……。
何でしょうね、この頃は幸せだったなあとか思ってしまうのは。
フィールドのBGMからして明るいし。

ルークがティアをモースのスパイだと疑うのは、やはり後々のアニスの伏線なのだろうか。
タルタロスが六神将に襲撃されたのは、アニスからモース経由で六神将に情報が渡っているから、なんだよなあきっと。
こうやって見るともの凄く沢山の伏線が張ってあるのだが、シナリオ長過ぎて忘れるよ。
セントビナーで既に大佐は、イオン様がレプリカである可能性に気付いているし。見通し過ぎる人だな。
そういえばこの頃はまだ「ルーク様ぁ」なぞとアニスがのたまわっていたのだった。
そうだ、カイツールではあの台詞が聴けるのか! 早く行こう〜。

へ?
ティア嬢とXIIのフランさんの妹御は中の人同じなんですか?
うわっちょっ声聴きたいがアビスと引き換えに貸し出されているんだなこれが。
あーいっそのことインタ版買って来て……も全く意味ないんだなこれが。
ラベル:アビス PS2 TOA ゲーム
posted by cai at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

木刀愛用者ですが何か

ティアさーん、そんなに上級譜術連発しなーい。
あっちゅー間にTP空になるじゃないですかー。
アナタまだLv.4でしょー。
ティアはもういい!
どうしてTPの配分をいつになっても学ばないの?
……あれもこれも使用禁止にしておこう。

ルークがものっそいアホっぽい。
いや、充分アホだけど。物語後半でも。
しかし、思ったよりも後半のしおらしいぼっさんと通ずるところが多いような。
いちいち愚痴が多いが、まあ最後には「わーったよ」とか「しゃーねーな」で締めるし。
序盤はあぼっさんの動きにヴァリエーションが多くて楽しい。
辻馬車の中でぐいっと引き戻されたり、首根っこ持たれてぷらぷらされたり、頭ガシガシ掻きむしってたり。前にも書いたような……。
アニスの登場ってエンゲーブだったのか。早いな。
ローズさんはさばさばしていて気の良い性格で結構好きなキャラ。
そういえば、1周めは辻馬車を降りなかったので今回は降りてみた。
ティアがおにぎりを作ってくれるイベントが!
そうかー、本来ならここで料理を学ぶわけだな。

チーグルの森のイオン様とのイベントは、とてもお気に入り。
イオン様、良い人過ぎる。イオン様のほとんどは善意の解釈で出来ています。
やっとCコアが選択出来るようになったので、これで心置きなくレベル上げが出来る訳だ。
まあ、そこまで完璧を期すつもりもないが……。

ハード常態でも楽勝だわ〜と鼻歌混じりにここまできたが、ライガクイーンで思わぬ壁にぶつかる。
何じゃこりゃ、1戦めが全然終わらないんだけど!
殴っても殴ってもイベントが発生しないんだけど!
一応倒せはしたが、ライガクイーンごときにライフボトル2本も使わせられるとは何たる屈辱……。
その後ろにあるカトラス、先に取りたいぞ……。
ヘタレなりの意地とプライドによりロードして再戦。
そんなことばかりしているから、クリアまでに98時間とかなるのだよ……。
あー、崩襲脚(合ってる?合ってる?)をコンボに繋げるとダメージを受けにくい気がする。
そこそこ楽に終わらせるとやっと大佐乱入。
さあ後は大佐の詠唱が終わるまで持ち堪えるだけ……ってどうして「瞬迅槍!」とか叫んでんの!
アンタさっき自分で詠唱時間を確保して下さいとか何とか言ったじゃん!
少々ブチ切れながら適度に逃げつつ時間を稼いでいると、メテオスォームをぶっ放してびっくりしました。
いや良いですけどね。Lv.45ですしね。倒しましたしね。
あーー……何かこの人イベント以外でもツッコミどころ多過ぎ。

前にも思ったような気がするが、どうしてルークは買い物の仕方は知らないのに「痴話喧嘩」の意味は知っているのでしょうか。
別に構いませんけれどね。
大佐の「アニィ〜ス」という呼び方がお茶目で好きだ。
大佐と最もまともに会話が成り立つのはアニス。のような気がする。
親子ほども歳が離れているが。
ナっちゃんともある意味成立して……いるとは言わんか。あれは。

序盤のルークは「ワガママぼっさま」の中にちょこちょこ素直さが覗いて、個性的だが共感しにくいということもない、良い味出しているキャラだと思う。
断髪後のルークは何というか、良い子になり過ぎて個性が薄れて勿体なかったような。
まあ断髪直後は、針が極端から極端へ振れる感じに良い子過ぎでもOKなのだが、途中で吹っ切れてもうちょい傍若無人ぷりが戻ったら良かったのにな、と思わないでもない。
だからどうということもない只のぼやきだが。
うーん、だが最後までそんなに吹っ切れずにうじうじで終わった感じだからな。
まあそれはそれで良いか。
ラベル:TOA PS2 アビス ゲーム
posted by cai at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

勇者だ。勇者がここにいる

しょうたのことではない。
アントンのことでもない。
それ即ち、ありじごくにん。
ナム孤島で大切なものを尋ねられるイベントを一通り見てみたのだが、大佐の時だけ「大事なものはぁ返さないぃ」って言われないんだけど。
大事じゃないんだ大佐……。
ありじごくにん、空気読み過ぎ。

闘技場もざっとクリア。
団体戦のエキジビションは突然の乱入で驚いた。
……つーかすいません、テイルズはアビスが初めてな訳でわからなくてすいません。
確かメガネのおねいちゃんは、いのまたキャラだった気がする。
もしかしてアニスの人形の元ネタは歴代テイルズ?
アビスは10周年作品だものな。

そろそろ……ということで、3度めのラスボス戦。
久しぶりにガイを使ってみた。
……やわっ。柔いよ。すぐ戦闘不能になるよ?
逆にめちゃ硬いアニスに慣れているからなあ……。
まあ、そんなこと全然関係ないくらいサクサク終わったが。
そうだ、今回はハードで挑戦してみようと思っていたのに忘れていた。

何度見てもスタッフロールの師匠が怖い。
ついでに、何度見てもデモアニメの師匠は歯がキラめいて不気味。……そういうキャラだっけ師匠……。
あれ? タタル峡谷のルーク、剣は左だった右だった?
あれ? よくわからなくなってきた。

GRADEショップは、技&術やらADスキルやら称号やら引き継ぎが中心。
勿論Cコアも。

2周め開始。
懐かしいな〜。
ルークがとてもぼっさんぼっさんしとる。
称号を引き継いだので、噂のガイのツッコミを見てみた。
ヅラじゃない、カツラだ!
またはウィーッグ。
師匠はもうこの頃からどんどん計画を進めているんだよなあ。
ガイと師匠の意味ありげな会話とか、ペールさんが「ルーク様!」と叫ぶことで仲間だと示唆されていたりとか、2周めに見ると意味が解る。
オープニングでティアがいたところはユリアロードだとか。
戦闘難易度はハード常態にしてみた。なんとなく。
スキルのせいでガードで粋護陣が発動して、TPがあっという間に空なんだけど!
外しておくか……。

ネットを色々見ていたら、ガイについて「現実にいたら怖いくらい良い人」と評している方がいらした。
確かに(笑)。
おおらかと言うか、物事を気にしなさ過ぎと言うか、「いいじゃないの」って言い過ぎ。前にも書いたが。
それについては自分の中では、あの人はある意味成仏……いやいや、ある意味悟っちゃった人なんだろうと思っている。20歳にして。
多分、ガイにとってホドの復讐を果たすことが、ある時期まで自分の全てだったのではなかろうか。
自分の命も人生も何もかも、それに捧げるつもりだったんじゃなかろうか。
けれども、結局ファブレ家に復讐するのは諦めた。
ゲーム開始時点で、もう諦めている……のかな?
ゲーム内ではそこまで細かく描かれていないけれど、復讐をやめるところまで達するのには、本当は長い長い時間と葛藤があったんじゃないかなあ。
自分の生涯を賭けるまでのものを諦められたなら、もう並大抵のことはどうってことないと言うか、どうでも良いと言うか、笑って済ませられそう。
何でも「いいじゃないの」で済ませられそう。
まあ、元々鷹揚な性格でもあるのだろうが。
ついでに、ガイはルークがレプリカでむしろほっとしたんじゃないか、と考えるのは屈折し過ぎ?
いや、本来ならルークは憎むべき仇の憎むべき息子であって、そいつと親しむのに複雑な気持ちにならないかなー、と。
復讐を果たすならば殺すべき相手だし、カースロットの件からしても以前は憎んでいた訳だし。
仲良くなるなんて、ホドの人間に対する裏切りだともとられかねない訳だし。
だが、ルークがレプリカなら”本当のファブレ家の息子”ではないのだから、復讐相手の範囲から少しズレることになって、何のわだかまりもなく仲良く出来ることになって、無意識に安心していたり……するのじゃないかなーって。
ガイがあまりにもすんなりレプリカの事実を受け入れていたので、つい邪推してみた。
以上、ヘタレの脳内補完。
ラベル:アビス TOA PS2 ゲーム
posted by cai at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

しぇんしぇい再び

ネビリム先生から最強のCコアが盗めるというので、もう一度挑戦して来た。
まあルークでも良いのだが、今回はアニスに操作キャラを変更。
ボス戦は経験値が多いので、少しでもアニスのレベル差を埋めようかと思って。
別に1〜2くらいじゃ大して差はないようなものだが。

他のメンバーはこの前と同じ。
戦法もこの前と同じ。ビバ!他力本願!
グラスチャンバーMAXの鷹爪襲撃(あれ?合ってる?)でヒット&アウェイを繰り返すが、なかなか盗めないものですなあ。
しかも結構間違えて別の技をかましちまうし。ヘタレ且つアホ。
大佐が切り込んでいって(いや、本当は後衛でいてほしいんだが)たった一度だけネビリムがピヨった時に、すかさずかましたら盗めましたよトゥッティ。
なんだろうなあ、ガードとかされずにクリーンヒットしないと盗めないのかな?
フフフフフ……これで遂に、”2周めCコア引き継いでアニスを最強にしたるぜ大作戦”が可能に……!

基本的に自分は2周めはやりたくない人である。
やりたくないというか、やる気がそんなに起きないというか。
であるからして、アビスも「2周めやるのか〜? や〜る〜の〜かぁ?」とうだうだずるずるずるずる引き擦っていた訳だが、まあとりあえず始めてみるかという気分まで上がって来た。
もう少しクリア直前のセーブで遊んだら、3度目の師匠撃破やって2周め突入の予定。
コンタミネーションとフリングス&セシルのイベントは見るだろ〜、万能包丁も今回は渡したいし、少なくともアビスマンゲットは必須で、暗黒の夢関連イベントもやってないし、ソードダンサーはどうするよ?
……出来るのかこんなに……返却期限は……。

噂のナム孤島にも初上陸。
漆黒の翼の兄さんの発音、まんまnamco島じゃないか。
そうか……「かいはつしつ」みたいなものか?
だが残念なことに、あまりナムコのゲームは知らんもので元ネタがわからない。
ゼビウスくらいかなあ……これも人がやっているのを見たくらいだけれど。
スポットライトの下で立て続けにポージングして遊ぶ。
うおーこのスポットライト楽しいぞー欲しいぞーガイと引き換えで良いから。
ありじごくにんの誰が一番大事かという質問には、順当だろうとティアを選択。
いった! いいおった! 青春ですのう、うむうむ。
ちょっと他のメンバーの場合も気になる。
ラベル:TOA PS2 アビス ゲーム
posted by cai at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アビス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。