2009年06月07日

運命はいつも唐突

な。

なんじゃこりゃァァァアアアアア!!
何だこの唐突なエンディングは!
つーか後味悪っ!!
え、これってマルチ? マルチエンディングなの?
じゃなきゃやってらんないよ?サトミタダシで洗脳するよ?

セベク編でデヴァ・ユガを攻略したところで、エンディングになってしまった。
まだ全員、レベル40にもなっていないのに!
スタートメニューに戻ると、即書店へ全力疾走して公式パーフェクトガイドを引っ掴む。
ふむふむ……。
ああ、やっぱりバッドエンディングとグッドエンディングがあるのかー。
ほっとしたよー。
あの終わり方じゃ夢見が悪いからなー。
セベク編の分岐は、迷いの森で、まいとの会話の選択肢で変化、と。
ああ、あそこは適当にやったからなー。
…………。
…………。
セーブデータ残ってません。

何がしかの複雑な感情に突き動かされて、またNEW GAME始めました。
だが、セベク編・グッドエンディングは後回しにして、雪の女王編をやることにした。
また同じ事をすぐに繰り返すのはダルいです、フィレモンさん。
共通部分も既に辛くなってきてます、フィレモンさん。
セベク編で色々とすっ飛ばして進めたので、今回はきっちり回りつつ病院へ。
無駄に城戸フラグが立っていく。
あ、これ、途中のデータを残しておいて、次はそこからセベク編を始めれば良いか。
レイジも使ってみたいもんな。
雪の女王編では、と。
まずエリーは使っていないので決定。
なんじょうくんかブラウンかというと……セベク編では絶対になんじょうくんが入ってくるから、ブラウンにしておくかな。
相性の良いペルソナに、速ステータス補正がかかるの多くて助かるし。


セベク編での各キャラのペルソナ変遷史は、以下の通り。

くら:セイメンコンゴウ
   アガートラーム
   ファレグ
   マルドゥーク

マキ:マソ
   ジャックフロスト
   ヤヌス
   ハトホル

なん:アイゼンミョウオウ
   モコシ
   ヴィゾフニル
   イルルヤンカシュ

マー:オグン
   ケツアルカトル
   アンヴァル
   ホクトセイクン

ブラ:ネヴァン
   トリグラフ
   マッハ

まあ、大して考えている訳ではないのだが。
ファレグはメディラマが使えて重宝する。
普段も、タルンダで経験値を稼ぐも良し、止揚の紅で攻撃するも良し。
中〜後列にしておけば、精霊・物理魔法無効なので大抵ノーダメージ。
ヤヌスやヴィゾフニルも、戦力として頼もしい。
特にヴィゾフニルは、速も高いのでずっと俺のターン。経験値貰い過ぎ。
複数攻撃や全体攻撃は持ってて安心。
マソはディア専用に降魔しっぱなし。マップでの回復に使う。
ケツアルカトルやアンヴァルのトラエストも、あると便利だ。
マキのハトホルはメディラマ用にと作ったが、経験値が貰いにくいスキルばかり……。
メディラマを覚えたら、ずっとメディラマ。
メディラマのみ。
はああ〜、やっと、ペルソナ合体が面白くなって来たところだったのになー。


posted by cai at 01:28| ペルソナPSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。