2009年05月02日

くらをよろしくゥゥ

「ペルソナァァア!」
「ゆけ……」
「ペルペルペルペルペルペルペルペル……」

な、懐かしい!

ペルソナPSP、始めました。


PS版の「女神異聞録ペルソナ」が発売された当時は、確か中学生くらいだった。
友人に勧められて、面白そうだったので購入してプレイしたのだが、実は未クリアのままで止まっている。
断じてつまらなかった訳ではない。
ほらほら、皆さんも経験がおありではないですか?
決してつまらなくはない、むしろ面白いゲームなのに、何故かエンディングまで行かないまま放置してしまったことが。
この時に放置してしまった理由はと言うと。

カジノにハマって進めなくなった。

どこぞのテイルズを彷彿とさせる出来事ですね。
まあそれに加えて、攻略本を買ってしまい、スペルカード全悪魔制覇とか大き過ぎる野望を抱いてしまって、なかなかストーリーを進められなくなったのもあったのだが。
そしてそのまま、ソフトとメモカはお蔵入り……。

という訳で、PSPでリメイクが出ると知った時は非常に心が揺れ動いたのであります。
携帯機なら、ちまちま進めるのに向いているから雪辱を果たすもってこいだ、と。
現在積みゲーになっているソフトが無ければ即購入決定なのに、と。
だがそんな迷いも、現実の憂さに疲れておかしくなったゲーマーの欲求の前には成す術もなかった……。

なので、取り敢えず1周目はあまり何も考えずに、セベク編でささっとクリアを目指す所存。
今度こそは!
雪の女王編もやりたいので、2周は決定ですな。


発売日は4月29日(水)。
珍しいな、水曜発売とは。
そういえばKH358/2も木曜ではなかったような。
何か理由があるのかなあ?
予約をしたので受取りに。
……これ、もしかして予約特典付いて……ない?
もう遅過ぎて無くなってしまっていたのか……?
どうしても欲しかった訳でもないのだが、折角予約までしたのにな……としょんぼり袋を覗き込むと、薄い紙ケース発見。
これか!
まさか紙ケースに入っているとは!
てっきりプラスチックケースだとばかり思い込んでいたので、ほっと一安心。
ジャケットは紫の蝶が白に映えて美しい。

徐に開始。
荘子の胡蝶の夢の話から始まるのが懐かしい。
で、主人公の名前ですが。
姓は後川、名を蔵介、ニックネームは「くら」にしてみた。
あとかわ くらすけ。
"あと"かわ く"らす"け。
……下の名前を考えるのに苦労したんだ。
どうしても思い付かなくて、危うく血迷って「後川ラスラ」でニックネームは「ラスラ様」にして、エリーのお株を奪う所だった。
帰国子女? イヴァリースからの?

んでも……何かポップな雰囲気に生まれ変わったなあ。
BGMに歌が入っているのだが……。
あ、いや、サトミタダシは問題ない。
何か、もっと雰囲気暗くなかったか……?
まあ構わないですが。
それより、ちょ、ダンジョンマップの移動が速過ぎね?
超全力疾走くらスケスなんだけど?
学校の廊下をこんなに走って怒られないのかビクビクする。

今現在、廃工場へ向かう途中。
PS版の時は、この辺りで終わっていた気がする……悲しいことに。
ベルベットルーム解禁てことで、スペルカードを集めまくるぞ!
しかし、くら達のレベルはまだ10前後……。
降魔出来るペルソナは限られているのであった。

フィレモンが……フィレモンがどうしても皇帝に聴こえて仕方がない。


posted by cai at 01:10| ペルソナPSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。